CDJournal.com  |  求人  |  お問い合わせ
 [ home > 商品案内(一般) > CDジャーナル・ムック > ]
 一覧
[出版]
 CDジャーナル
 ムック
[web]
 CDジャーナルweb
    アーティスト
ハロプロ スッペシャ〜ル

CDジャーナルで大好評連載中、ハロー!プロジェクトのグラビア & インタビュー記事「ハロプロ スッペシャ〜ル」をまるっと総まとめ!
2017年5月18日発売
B5判 / 600頁
オールカラー
本体3,700円 + 税
  詳しい情報を見る
ボブ・ディランの21世紀
湯浅 学 著

21世紀になって16年、この間にリリースされた新作、アーカイヴ音源をまとめたブートレグ・シリーズおよびリイシューされたアルバムほか、多彩な作品を軸に、ボブ・ディランの21世紀の歩みを一年ずつ綴る。
2016年12月8日発売
四六判(B6変) / 224頁
オールカラー
本体1,852円 + 税
  詳しい情報を見る
南波一海 著 ヒロインたちのうた
アイドル・ソング作家23組のインタビュー集

アイドル・ソングを作るクリエイターにスポットをあて、作家として活躍するまでの歩み、そして各楽曲ができるまでの逸話を聞くことで多様化するアイドル・シーンに深く切り込んだ人気連載『ヒロインたちのうた』が一冊に。
2016年5月31日発売
A5判 / 264頁
並製カバー
本体1,800円 + 税
  詳しい情報を見る
アナログ穴太郎音盤記
湯浅 学 著

2010年以降の新しいアナログ盤を聴きまくり。ときにしみじみ、ときにあふれる音の豊かさ清らかさ雑味の楽しさ太さなどを考える随筆集。
2016年4月12日発売
四六判 256頁
オールカラー / 並製カバー
本体1,852円 + 税
  詳しい情報を見る
HELLO! PROJECT COMPLETE ALBUM BOOK

ハロー!プロジェクトの全シングルガイド本『HELLO! PROJECT COMPLETE SINGLE BOOK』に続く第2弾! 今度はアルバムのガイド本です。『SINGLEBOOK』と『ALBUMBOOK』の2冊で一般発売されているほぼすべてのハロー!プロジェクトの楽曲を知ることができます。
-品切れ-
2014年3月18日発売
B5判 240頁
本体3,000円 + 税
  詳しい情報を見る
MANU & CHAO
著 ヴォジニアク / 翻訳 鈴木孝弥 / 監修 大石 始・海老原弘子

カリスマ・ミュージシャン、マヌ・チャオ、日本初の関連書籍が登場!

バルセロナ、ガリシア、ブエノスアイレス、ハバナ――世界を旅するレベル・ロッカー、マヌ・チャオ。 パリ在住のイラストレーターが彼の個性溢れる世界を鮮やかに描き出す。
2014年4月21日発売
AA4判 オールカラー 192頁 ※注釈別冊付き
本体3,500円 + 税
  詳しい情報を見る
チャッピーのB.C.R.(ベイ・シティ・ローラーズ)大百科
〜Chappy's B.C.R.(Bay City Rollers) Encyclopedia〜

熱烈なファンの間で“幻の愛蔵版”といわれその復刊を待望されてきた『チャッピーのB.C.R.大百科』(1977年刊)が初版刊行から37年ぶりについに復刻刊行!2014年のアルバム・デビュー40周年を記念して、新たな記事やディスコグラフィーなど大幅に書き下ろし記事を加えた「増補改訂復刻」としての登場です!
2014年1月16日発売
A4判 128頁
本体1,800円 + 税
  詳しい情報を見る
HELLO! PROJECT COMPLETE SINGLE BOOK

発足15周年を記念し、ハロー!プロジェクトの楽曲にズームした、ハロー!プロジェクトの全シングルをガイドする楽曲派に贈る決定版です!現ハローアーティストはもちろん、かつて所属していたアーティストからユニット / スペシャル・ユニット、シャッフル・ユニットまで、とにかく「シングル」単位で発売された楽曲に関して、すべてのジャケット写真とテキストで徹底ガイド。
2013年11月8日発売
B5判 232頁 オールカラー
本体2,857円 + 税
  詳しい情報を見る
アップアップガールズ(仮) 1stドキュメント・フォトブック
RUN! アプガ RUN!(仮)

ハイクオリティな楽曲と攻めて攻めて攻めまくる熱いライヴ・パフォーマンスで、日本テレビ『スッキリ!!』でも“次クるアイドル”として紹介されるなど注目を集めているアップアップガールズ(仮)。本書は彼女たちの今後を占う上で、間違いなくターニングポイントになるであろう初の全国対バンツアーの模様を収めたドキュメント・フォトブック。
2013年5月31日発売
A4変形版 並製 192頁
本体2,200円 + 税
  詳しい情報を見る
落語立川流の最終兵器
談四楼がやってきた!

談四楼をまるごと1冊取り上げ、立川流と家元談志を絡めながら、立川談四楼のすべてを紹介。談四楼ファンはもちろん、多くの談志ファン、落語ファン必読の書!知られざる師弟の関係に、一読すれば思わず、笑い、涙すること必定です。
2012年6月2日発売
B5判 160頁
本体1,905円 + 税
  詳しい情報を見る
毛皮のマリーズ写真集 『夜明け』 撮影 / 有賀幹夫   有賀幹夫 = 撮影

噂のロックンロール・バンド、毛皮のマリーズの実像に、ザ・ローリング・ストーンズ・オフィシャル・フォトグラファー有賀幹夫が迫る!
2011年7月30日発売
A4判・並製 176頁
本体2,400円 + 税
  詳しい情報を見る
ばよりん彼女
花井悠希フォトブック

2010年、アルバム2枚を同時リリースして華々しくデビューしたヴァイオリニスト、花井悠希。“森ガール”という言葉にぴったりの可憐な風貌と、ゆるふわっとした存在感で、クラシック音楽界だけでなく、広く注目を集めています。本書は、デビューから1年間、少女から大人の女性へと羽ばたいていく彼女の成長過程を、100点を超える写真でとらえた待望のフォトブック! 等身大の花井悠希のすべてがわかる一冊です。
2011年3月2日発売
B5版 120頁
本体1,905円 + 税
  詳しい情報を見る
鈴木祥子 33 1/3の永遠

シンガー・ソングライターとしても、マルチ・プレイヤーとしても名高い鈴木祥子による、CDジャーナルの人気連載(2002年6月号〜)「33 1/3の永遠」が待望の書籍化!
2010年7月28日発売
B6版 248頁
本体1,905円 + 税
  詳しい情報を見る
NAUGHTY BOY KING OF ROCK 'N ROLL
IMAWANO KIYOSHIRO   撮影 / 有賀幹夫

デビュー40周年記念!80年代半ばから1990年までのRCサクセションのライヴ、アルバム『COVERS』レコーディング風景、1990年以降のソロ・ポートレートを中心に、ミック・ジャガーとの2ショット、街頭ライヴ……など1985年から2007年にかけて撮影された未発表を多数含む写真約130点を“デジタル・リマスター”して収録した待望の1冊!

2010年5月6日発売
A4版 168頁
本体2,800円 + 税
  詳しい情報を見る
DJ OZMA IS DEAD 〜消えた臆病なテロリスト〜

持ち前のエンタテインメント精神とスキャンダラスな言動で、日本の音楽シーンにアゲ♂アゲ♂旋風を巻き起こしてきたDJ OZMA。本書は、DJ OZMAのロング・インタビューに周辺人物の証言を挟み込み、3年という短い活動期間を韋駄天の速さで駆け抜けた彼の軌跡を立体的に浮かび上がらせる読み応え十分のドキュメント・ブック。
2009年4月1日発売
B5変形版 200頁
本体1,905円 + 税
  詳しい情報を見る
スプリングスティーンの歌うアメリカ   五十嵐 正=著

オバマ大統領の誕生に大きく貢献したアメリカのロック・ミュージシャン、ブルース・スプリングスティーン。彼は音楽を通してアメリカ社会とどのように向かい合ってきたのか。
2009年1月17日発売
B5判 144頁
本体1,143円 + 税
  詳しい情報を見る
ザ・コレクターズ大頭鑑   岡村詩野=監修

デビュー当時は日本のモッズ・シーンを代表するバンドとして名を馳せ、近年はトリビュート盤がリリースされるなど、日本のロック・シーンに欠かせない存在となっているザ・コレクターズ。結成20周年を迎えてもなお精力的な活動を続ける彼らの、これまでの軌跡をまとめた待望の一冊。
-品切れ-
2008年10月16日発売
A5判 200頁
本体1,800円 + 税
  詳しい情報を見る
'60sロック自伝   鮎川 誠=著

『ロックのない人生なんか、考えられんよ』
……'60sロックの魅力をリアルに綴った鮎川誠 初のロック自伝!

ローリング・ストーンズのように死ぬまでロック一筋で転がりつづけていくシーナ・アンド・ザ・ロケッツ鮎川誠が60年代ロックとともに歩んだ自らの歴史までも振り返る!

R&Rの歴史をリアル・タイムで体験し、人生をロック一筋に賭けた鮎川誠が、個人的回想と共に、'60sロックの恐るべき魅力と謎を解明!
-品切れ-
2006年6月2日発売
A5判 248頁 
本体1,800円 + 税
  詳しい情報を見る
ビル・エヴァンス名盤物語

新しいジャズの聴き方を提示し続ける中山康樹が伝説のピアニストの真の一面を浮き彫りにします。完全ディスコグラフィ・詳細年表付き。
-品切れ-
2005年5月31日発売
A5判 240頁
本体1,200円 + 税
  詳しい情報を見る
カンティレーナの調べ
ハリーナ・チェルニー・ステファンスカ先生との貴重な日々

戦後初めてショパン・コンクールで優勝したポーランドの名ピアニスト、ハリーナ・チェルニー・ステファンスカ女史の思い出を綴った1冊。

本書は、テファンスカ女史に師事した日本のピアニスト・吉川もと子が、ステファンスカ女史が亡くなる直前まで東京藝術大学の官舎で衣食住をともにした女史との貴重な日々を振り返ったもの。名ピアニストの喜怒哀楽いっぱいの最後の2年間が、赤裸々に綴られています。「カンティレーナ」とは、声楽曲または器楽曲における叙情的な旋律を意味する音楽用語で、ステファンスカ女史の得意としたピアノ奏法です。
2004年12月14日発売
A5判 192頁
本体2,000円 + 税
  詳しい情報を見る
Copyright © ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd.