2005年01月20日(木)
  
小さくても存在感バツグン、矢口真里が誕生
矢口真里 / 1983年)
小さくても存在感バツグン、矢口真里が誕生
モーニング娘。のメンバーとしてデビューした矢口真里が、神奈川県横浜市に生まれる。1998年にモー娘。に加入、150cmに満たない身長ながら、グループ随一の元気娘として人気を得た。そのキャラクターとは反対に、実は几帳面だと言われている。2005年にモー娘。を脱退(卒業ではなく脱退は史上初)するが、そのダメージを感じさせない活躍ぶりを見せ、ひとりのタレントとしての地位を確立している。
−2006年12月26日作成−
THE ALFEEの桜井賢が誕生
THE ALFEE / 1955年)
THE ALFEEの桜井賢が誕生
THE ALFEEのベーシスト兼シンガー、桜井賢が埼玉県に生まれる。高校時代から音楽活動を開始、当初はフォークを演奏していた。とあるコンテストで坂崎幸之助に出会ったことをきっかけに、後にTHE ALFEEとなるグループが形成されたという。サングラスと口ひげがトレードマークで、その厳ついルックスからは想像できないが、ひょうきんなキャラクターである。力強い声と高い歌唱力の持ち主であり、その実力は高く評価されている。
−2007年12月18日作成−
椎名林檎の「ここでキスして。」が発売に
椎名林檎 / 1999年)
椎名林檎の「ここでキスして。」が発売に
椎名林檎、第3弾シングル「ここでキスして」発売。“新宿系自作自演屋”として「幸福論」、「歌舞伎町の女王」などで注目され始めた林檎姫は、この曲のオリコン初登場11位で一気にブレイク。その翌週の27日には親友であるともさかりえに「カプチーノ」を提供し、翌月には1stアルバム『無罪モラトリアム』を完璧なタイミングでリリースした。「ここでキスして」は彼女が17歳のときに書いたもので、「キス4部作の2作目」と位置づけられている。余談ではあるが、林檎姫の胸に注目し出す人が増えたのも、この曲からだとか。
−2000年12月22日作成−
オリコンの名物社長が突然死
小池聡行 / 2001年)
日本で最も信頼されるヒットチャート専門誌「オリジナル・コンフィデンス」を発行する「オリコン」の会長兼社長小池聡行、脳出血のため死去。そのあまりにも突然の出来事は、音楽業界を揺るがせた。“どれだけ売れているか”という目に見えないものを、だれにでも分かる数字にした小池社長の功績はあまりにも大きい。とともに、一度見たら絶対に忘れない個性的な顔と、派手な衣装。そして“童心を忘れないため”とニュースでも度々映し出された社長室にある数々の玩具。それらの放つインパクトもかなり強烈であった。
−2001年12月25日作成−
メイクを落とせばセクシー・ガイ? キッスのポール、誕生
メイクを落とせばセクシー・ガイ? キッスのポール、誕生
キッスのVo.&Gポール・スタンレー、NYに生まれる。クラシック好きな両親の元に育ち、13歳の時にアコギをプレゼントされるが、ポール自身はエレキに興味を持ち、15歳で念願のエレキ・デビュー。キッスの大ヒット曲「ファイヤー・ハウス」や「レット・ミー・ノウ」は、15歳のとき既に作曲していた、早熟な青年であった。'78年にはソロ・アルバムも発売.、他のメンバーたちに比べて、いちばんキッスに近い音楽性を打ち出した。彼の肉体美と化粧を落としたセクシーなルックスは、それまでのイメージがくつがえすものである。
−2002年12月25日作成−
「グレンラガン」のヨーコなどで知られる声優の井上麻里奈が生まれる
井上麻里奈 / 1985年)
「グレンラガン」のヨーコなどで知られる声優の井上麻里奈が生まれる
1985年1月20日、声優/歌手として活躍する井上麻里奈が東京都に生まれる。シグマ・ セブン所属。2003年の「ソニーミュージックSDグループ声優オーディション」で2,000人の中からグランプリを受賞、2004年にOVA『コゼットの肖像』ヒロイン役で声優デビューを果たす。代表作は『天元突破グレンラガン』のヨーコ、『さよなら絶望先生』の木津千里、『月面兎兵器ミーナ』の佃美奈/月城ミーナ、『図書館戦争』の笠原郁など。そのルックスの良さと歌の巧さもあり、多方面での活躍が期待されている。2000年代を代表する声優界のアイドル的存在の一人。
−2009年01月15日作成−
ハエとコーヒーが大好き、デヴィッド・リンチが生まれる
デヴィッド・リンチ / 1946年)
ハエとコーヒーが大好き、デヴィッド・リンチが生まれる
『イレイザーヘッド』でデビューして以来、常に観客を困惑させる映画監督、デヴィッド・リンチの誕生日。描写の一部が強烈であるために過激、暴力的、不気味と様々に受け取られることがしばしば。更にそれがあらすじと結びつかない(ように見える)ことも多く、難解という言葉がつきまとう。大のコーヒー好きで、自らオーガニック・コーヒーの栽培、販売を手がけるほど。彼と同じ香りを味わいたい方はオフィシャル・サイトの“COFFEE”コーナーから是非。映画を読み解くヒントが浮かぶかもしれません。
−2008年01月08日作成−
ビートルズ365:アメリカ、キャピトルからの初めてのアルバム『ミート・ザ・ビートルズ』発売。
ザ・ビートルズ / 1964年)
ビートルズ365:アメリカ、キャピトルからの初めてのアルバム『ミート・ザ・ビートルズ』発売。
アメリカ・キャピトルからのファースト・アルバム『ミート・ザ・ビートルズ』発売。内容は英国でのセカンド・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの9曲に、シングル「抱きしめたい」の2曲と英国盤の「抱きしめたい」のB面にあたる「ディス・ボーイ」を加えた全12曲。レイアウトなどは異なるものの、ジャケットに使われた写真は『ウィズ・ザ・ビートルズ』と同じもの。当初は2月中旬発売予定だったが、「抱きしめたい」の大ヒットによって急遽1月20日に発売された。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015