2009年07月30日(木)
  
究極のロリータ・ヴォイス、ケイト・ブッシュが誕生
ケイト・ブッシュ / 1958年)
究極のロリータ・ヴォイス、ケイト・ブッシュが誕生
英国の女性シンガー、ケイト・ブッシュが医師の父親と看護師の母親の間に生まれる。10歳頃から音楽に興味を持ち、父親からピアノを習っていたという。本格的にミュージシャンを目指し、70年代半ばからは兄とともにパブなどで演奏するが、すぐにはチャンスに恵まれなかった。しかし、ピンク・フロイドのデイヴ・ギルモアに見出されると、77年にデビュー。1stシングル「嵐が丘」で聴かせた少女のような澄み切った声は、時を経ても新鮮な響きを持ち続けている。
−2006年06月28日作成−
シカゴ・ブルースの巨匠、バディ・ガイが誕生
バディ・ガイ / 1936年)
シカゴ・ブルースの巨匠、バディ・ガイが誕生
ブルース・ギタリスト/シンガーのバディ・ガイが米国ルイジアナ州に生まれる。本名はジョージ・ガイ。50年代から本格的に始動、サイド・ミュージシャンや弱小レーベルでの活動を経て、60年代には名門チェス・レコードに数々の名演を残している。そのプレイは、ジミ・ヘンドリックスやエリック・クラプトンに影響を与えたとしても有名だ。ショウマンシップにも溢れており、ドラムスティックでギターをプレイするなど、独創性も充分。
−2007年06月28日作成−
椎名林檎の熱狂ライヴ、ネットでも生中継
椎名林檎 / 2000年)
椎名林檎の熱狂ライヴ、ネットでも生中継
福岡県飯塚市の嘉穂劇場で開催された、椎名林檎の一夜限りのライヴ「稀実演キューシュー 座禅エクスタシー」がインターネットで生中継。約90分の映像と音声が配信された。ライヴへの同時アクセス数は17,300にも達し、これまでB'zが持っていた14,000をあっさりと更新。2000年3月に新曲を配信(2週間で25,000ダウンロード)したり、妊娠・入籍の報告を自身のホームページ上で行なったりと、何気にネット出没率は高し。
−2001年06月26日作成−
ポール・アンカが誕生
ポール・アンカ / 1941年)
ポール・アンカが誕生
ポール・アンカ、カナダに生まれる。小さい頃から音楽やショーに関心を持っていたアンカは、8歳の時には自分で歌をアレンジして歌い、16歳の時に自ら有名プロデューサーのところに出向き、15分間の超スピード・オーディションで合格。大ヒット曲「ダイアナ」でデビューすることとなった。シンガーとしてはもちろん、ソングライティングの才能も開花させ、フランク・シナトラで有名な「マイ・ウェイ」なども彼の曲。こちらも熱唱系です。
−2002年06月24日作成−
エレカシのブレイク作「今宵の月のように」リリース
エレカシのブレイク作「今宵の月のように」リリース
エレファント・カシマシは、エピック・ソニーから'88年3月にアルバム『エレファント・カシマシ』でデビュー。契約が切れた'94年5月にポニー・キャニオンへ移籍。ここから快進撃が始まる。'96年4月リリースの「悲しみの果て」は、じわじわヒットし、同年11月に再発売。さらに'97年7月にCXドラマ『月の輝く夜だから』の主題歌「今宵の月のように」が70万枚の大ヒット。だが'99年12月には東芝EMIに、'00年4月にフェイスレコードに移籍。移籍するたびに変化を遂げるから目が離せない。
−2003年06月25日作成−
名脇役声優、堀内賢雄の誕生日
堀内賢雄 / 1957年)
名脇役声優、堀内賢雄の誕生日
1957年、主役はなくとも印象に残る脇役を多く演じ、誰もがその声を一度は耳にしたことがあるであろう名声優、堀内賢雄が誕生。声優プロダクション、株式会社ケンユウオフィス代表取締役としての顔も持つ。同社取締役のたてかべ和也は、堀内が独立する以前に所属していたぷろだくしょんバオバブの先輩で、才能を見出した恩師でもあり、盟友と呼べる仲である。小杉十郎太は高校時代からの友人。アニメでは脇役が多いが、洋画吹き替えではブラッド・ピット、チャーリー・シーンなどを担当し、主役を張る場合が多い。
−2008年07月23日作成−
総製作費12億円、映画『亡国のイージス』が公開された日
阪本順治 / 2005年)
総製作費12億円、映画『亡国のイージス』が公開された日
映画『亡国のイージス』が公開。総製作費12億円をかけ、福井晴敏の人気小説を壮大なスケールで映画化した海洋サスペンス・アクション。監督は『ビリケン』『傷だらけの天使』の阪本順治。防衛庁、海上自衛隊、航空自衛隊の協力を得て実現した本物のイージス艦や実物大のオープンセットを建造しての映像は、圧倒的なリアリティと迫力に満ちている。寺尾聰、真田広之、佐藤浩市といった日本を代表する名優が豪華共演している点も見どころ。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:アップル・ブティック閉店。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:アップル・ブティック閉店。
ロンドンのベイカー・ストリートにあったアップル・ブティックが、8ヵ月たらずで閉店。ジョンのアイディアで在庫品を無料で放出(一人一着に限定)となった。ただ、ビートルズのメンバーと家族はその前日に店を訪れ、目ぼしいものをしっかりと手に入れていた。この日の午後7時半から午前3時半までは、第2スタジオで「ヘイ・ジュード」のリハーサルとレコーディングが進行し、テイク23まで録音。リダクション・ミックスしてテイク25を制作した。また、ドキュメンタリー映画『MUSIC !』の撮影スタッフがスタジオを訪れ、レコーディングの様子を撮影。この映画『MUSIC!』は英国では69年10月にメル・ブルックスの『THE PRODUCERS』と同時上映で公開。米国では70年2月22日の午後4時30分(東部時間)から、『NBCエクスペリメント・イン・テレビジョン』なる番組で放送された。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015