2010年01月27日(水)
  
フェイス・ノー・モアなどで活躍、マイク・パットンが誕生
マイク・パットン / 1968年)
フェイス・ノー・モアのシンガーとして知られるマイク・パットンが、米国カリフォルニアに生まれる。音楽活動を開始したのは17歳の時で、後にデビューも果たすミスター・バングルを結成してから。88年、初代シンガーのチャック・モズレーを解雇したFNMから誘いを受けて加入。FNMのメンバーはミスター・バングルのデモを聴いて衝撃を受けたらしい。98年の解散後もマイクはさまざまなグループ/プロジェクトで鬼才ぶりを発揮している。
−2006年12月26日作成−
ピンク・フロイドのニック・メイスンが誕生
ニック・メイスン / 1944年)
ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスンが英国バーミンガムに生まれる。父親はドキュメンタリー・フィルムの製作を手掛けていた。大学在学中にロジャー・ウォーターズ、リチャード・ライトらとともにフロイドの前身バンドを結成。以降、一度も離脱することなくメンバーであり続けた。これはフロイドに在籍したメンバーの中では彼ひとりである。決して派手なプレイヤーではないが、そのドラミングはバンドの屋台骨を支えている。
−2007年12月18日作成−
小山田圭吾が誕生
小山田圭吾 / 1969年)
小山田圭吾が誕生
小山田圭吾、東京都・世田谷に生まれる。父親は“和田弘とマヒナスターズ”の三原さと志。89年にフリッパーズ・ギターとしてデビューし3枚のアルバム、5枚のシングルを発表した後、91年に突然の解散。その後はプロデューサーやソロでも活躍し、98年には世界デビュー、とヒットチャートとは違う世界で先鋭的・精力的に活動。ちなみに、“コーネリアス”という1人なのにバンドのような名前の理由は「Tシャツを作りたかった」ためとか。
−2000年12月22日作成−
天才にして恋多きブ男、モーツァルト誕生
(1756年)
クラシック界の巨人、モーツァルトがオーストリアに生まれる。複雑な曲を譜面に起こしながら、頭では別の曲の構想を練るといった“神童”ぶりを発揮していたモーツァルト。欲深い父は、その才能を売り込むべく、小さい頃から演奏旅行につれ回し、そのことがモーツァルトの発育を妨げ(身長150cm未満)、短命であった一因ともいわれている。女性から同情を得ながら愛される存在だと自分で思っていた彼は、周囲の女性に数多くの恋をしていたようだが……肥満、二重人格、そしてスカトロジー障害etc.。才能を愛する以外に、惚れる要素を語るのはなかなか難しそう……?
−2001年12月25日作成−
ブルース界の大御所、ボビー“ブルー”ブランド誕生
B.B.キングと肩を並べるモダン・ブルース・シンガー、ボビー〈ブルー〉ブランド(本名ロバート・カルビン・ブランド)、テネシー州に生まれる。'40年代末からメンフィスで活動を始め、ゴスペル唱法とブルース、R&Bを結び付け数々の名作を生んだ。ちょっと前では、映画『ブルース・ブラザーズ2000』で、彼の生んだ初期の名曲「ターン・オン・ユア・ラブ・ライト」をブルース・ブラザースが歌っていたことも話題となった。他の追随を許さない円熟した歌唱でファンを魅了し続けている。
−2002年12月25日作成−
“ポケモン”のイラストレイター、杉森 建の誕生日
杉森 建 / 1966年)
1966年、漫画家/イラストレーターの杉森 建が福岡県に生まれる。“ポケットモンスター”シリーズの公式イラストは初代『赤/青』からすべて彼の手によるもの。『ワルキューレの冒険外伝 -ふたりの女神-』や『ジェリーボーイ』など、テレビゲームを原案とする漫画の執筆も行なっている。株式会社ゲームフリークのアートディレクター兼取締役。
−2009年01月22日作成−
ライセンスのツッコミ担当、井本貴史が生まれる
井本貴史 / 1978年)
ライセンスのツッコミ担当、井本貴史が生まれる
時は平成11年、NHK上方漫才コンテスト 第29回優秀賞を受賞。お笑いコンビ“ライセンス”(番組の罰ゲームによって“ザ・ちゃらんぽらん”になるも再び改名)のツッコミ担当、井本貴史が奈良県に生まれる。コンビでは、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』などバラエティ番組はもちろん、映画『ジョゼと虎と魚たち』『デスノート the Last name』にも出演。特に『ジョゼ〜』では自然体の演技を観ることができる。
−2008年01月07日作成−
ビートルズ365:ジョンとポール、ヘレン・シャピロのために「ミズリー」を作曲。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:ジョンとポール、ヘレン・シャピロのために「ミズリー」を作曲。
ヘレン・シャピロの前座として2月2日から始まるイギリス・ツアー開始直前の1月27日にジョンとポールが、ヘレン・シャピロのために「ミズリー」を作曲。しかし、歌詞が悲観的過ぎるとの理由で録音を拒否される。その後、ケニー・リンチという男性歌手によって録音され、アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』と同日に発売された。この「ミズリー」が他人に歌われた最初のビートルズのオリジナル曲である。ビートルズ自らが他人用に制作した楽曲を歌うことはあまりない。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo
[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?
[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』
[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ![インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015