2017年03月21日(火)
  
サディスティック・ミカ・バンドの加藤和彦、誕生
加藤和彦 / 1947年)
サディスティック・ミカ・バンドの加藤和彦、誕生
作曲家・プロデューサーとして活躍する、加藤和彦が京都府に生まれる。ザ・フォーク・クルセイダーズでは「帰って来たヨッパライ」のようなファニーなナンバーから政治的な「イムジン河」まで手掛け、その後に結成したサディスティック・ミカ・バンドでは実に完成度の高いロックを聴かせるなど、その才能は誰もが認めるところ。福田ミカにはじまり、桐嶋かれんに木村カエラと、歴代ミカ・バンドのシンガーを見ても、人を見抜く力も相当なもののようだ。
−2006年03月02日作成−
キング・クリムゾン、69年のライヴが発掘リリース
キング・クリムゾン / 1997年)
キング・クリムゾン、69年のライヴが発掘リリース
キング・クリムゾンの発掘ライヴ音源シリーズ第1弾『エピタフ〜1969年の追憶』が日本発売。69年のBBC音源と米フィルモア・ウェストでのライヴを収めたもので、第1期の編成では初の公式ライヴとあり、マニアならずとも重宝した。音質はブートレッグ並みだがそれが逆にカルト的なリアリティを生んでおり、凄まじいインプロヴィーゼーションを存分に堪能できる実に貴重な音源だ。ブートを買い漁っていた真性マニアは、複雑な心境だったかもしれないが……。
−2007年02月28日作成−
小泉今日子がデビュー
小泉今日子 / 1982年)
小泉今日子がデビュー
“キョンキョン”こと小泉今日子がシングル「私の16才」で歌手デビューを飾った。この曲は1979年に森まどかがリリースした「ねえ・ねえ・ねえ」のカヴァーであるが、タイトルを変更したことと、オリジナルがお世辞にもヒットしたとはいえなかったことから、意外と知られていない事実である。キョンキョンもいきなりの大ヒットとはいかなかったものの、地道にセールスを伸ばして10万枚の売上を記録した。その後の活躍は知っての通り。
−2008年02月27日作成−
ドリームズ・カム・トゥルーがデビュー
ドリームズ・カム・トゥルーがデビュー
吉田美和、中村正人らによるドリームズ・カム・トゥルーが、シングル「あなたに会いたくて」とアルバム『DREAMS COME TRUE』でデビュー。和田アキ子も認める天性のヴォーカリスト、吉田の歌声と、“カラックス”“アンセリウム”“空の写真集”など、どことなくオシャレ心をくすぐる歌詞でポスト・ユーミンの座を勝ち取る。4年に1度の“史上最強の遊園地ドリカムワンダーランド”ツアーや、各人のソロ活動など、その創作意欲は衰えを知らない。
−2001年02月21日作成−
美食家の子だくさん、J.S.バッハが誕生
美食家の子だくさん、J.S.バッハが誕生
「G線上のアリア」「ブランデンブルグ協奏曲」など、さまざまなところで楽曲を耳にする“音楽の父”ヨハン・セバスティアン・バッハ、ドイツのアイゼナハに生まれる。驚くほどたくさんの曲を後生に残したバッハだが、彼が多く残したのはそれだけではなかった。なんと残した子どもは20人。まさに絶倫! そのバッハの精力の根元は美食にあるといわれ、牛肉の煮込み、鱒のアンチョビパスタソース添え、スモークハムなどなど、洒落た食べ物をたんまりと食していたという。
−2002年02月25日作成−
後には人気作家、辻仁成のEchoes「Zoo」発売
Echoes / 1988年)
後には人気作家、辻仁成のEchoes「Zoo」発売
Echoesのヒット曲「Zoo」発売。身近にいる人を動物園の動物にたとえた、メッセージ色の強い歌詞が印象的で、スマッシュ・ヒットとなる。'00年には、ドラマ「愛をください」でシンガー役だった菅野美穂が、役名「蓮井朱夏」で同曲をカヴァー。Echoesによるオリジナルも再びヒットした。Echoesのヴォーカルは、女優の南果歩と離婚後、みんなの憧れミポリンこと中山美穂と結婚し、世の男子の反感(嫉妬?)を買った、ご存じ辻仁成。
−2003年02月27日作成−
アニメーター/漫画家、垣野内成美の誕生日
垣野内成美 / 1962年)
1962年、アニメーター/漫画家/イラストレイターの垣野内成美が大阪府に生まれる。1980年の『伝説巨神 イデオン』以来、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』『魔法のスター マジカルエミ』『魔法のアイドル パステルユーミ』といった“変身魔法少女”シリーズ、『超時空要塞 マクロス』『きまぐれオレンジ☆ロード』など名だたる作品でアニメーターとして活躍。キャラクター・デザイン/作画監督を手がけた1988年のOVA『吸血姫美夕』(ヴァンパイア ミユ)は自身の手により漫画化。「サスペリア」誌(秋田書店 刊)にて連載され、漫画家デビューを果たす。ライトノベル挿絵を中心に、イラストレイターとしても活躍。
−2009年03月20日作成−
カラー映画の日。国産初の「総天然色映画」が公開
(1951年)
カラー映画の日。国産初の「総天然色映画」が公開
3月21日は「カラー映画の日」。これは1951年の同日に、日本で初めてのカラー映画『カルメン故郷に帰る』が公開されたことに由来。同作は『二十四の瞳』などで知られる日本映画界の巨匠・木下惠介が監督、田舎に帰郷したストリッパーが巻き起こす騒動を描いた作品である(主演は高峰秀子と小林トシ子)。当時カラー撮影をするには相当の明るさが必要であったようで、出演者はかなりの照明熱のなかで撮影に挑んだというエピソードがある。なお、公開時は「総天然色映画」とうたわれていた。
−2008年03月20日作成−
ビートルズ365:アラン・クライン、ビートルズのマネージャーに就任。
ザ・ビートルズ / 1969年)
ビートルズ365:アラン・クライン、ビートルズのマネージャーに就任。
ローリング・ストーンズの会計顧問だったアラン・クラインが3年契約でマネージャーに就任。ポールはリンダ・イーストマンの父親であり、弁護士のジョン・イーストマンをマネージャーに推薦するも、他のメンバーが大反対。その後、アランは大幅なリストラによってアップルの立て直しを図るが、アランに不信感を抱いていたポールはジョン・イーストマンなどを顧問弁護士として雇い、真っ向から対抗。それが引き金になってビートルズ内の不和は広がっていき、最終的には解散へと駒を進めることになってしまった。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015