2017年06月20日(火)
  
おニャン子の会員番号12番、河合その子が誕生
河合その子 / 1965年)
おニャン子クラブの会員番号12番、河合その子が愛知県に生まれる。おニャン子結成時のメンバーであり、最初にソロ・デビューを果たしたのが彼女。卒業したのも最初だった。その後はアイドルから徐々に脱却していき、シンガー・ソングライターとしての活動をメインとしたのはファンならご存知だろう。94年、おニャン子の楽曲を手掛けていた後藤次利と結婚。そう言えば、作詞を担当していた秋元康は高井麻巳子(会員番号16番)と結婚したよなぁ……。
−2006年05月26日作成−
ヴァン・ヘイレンのマイケル・アンソニーが誕生
ヴァン・ヘイレン / 1954年)
ヴァン・ヘイレンのマイケル・アンソニーが誕生
ヴァン・ヘイレンのベーシストとして知られるマイケル・アンソニーが、米国シカゴに生まれる。両親はポーランドからの移民で、彼の本名はマイケル・アンソニー・ソボレブスキー。最初に手にした楽器はトランペット、野球などのスポーツも得意だったらしい。VHでは堅実なベース・プレイとともに、見事な高音でコーラスも担当。縁の下の力持ちだったが、脱退したサミー・ヘイガーと懇意にしていたのが原因で、2006年には事実上バンドを解雇されてしまった。
−2007年05月29日作成−
マドンナの東京公演が中止に
マドンナ / 1987年)
マドンナの東京公演が中止に
マドンナがツアーのため初来日。2nd『Like A Virgin』を全世界で2,300万枚売り上げ、世界屈指のトップ・アーティストとなったマドンナ。その東京公演は翌週20日に後楽園球場で予定されていたが、強風のため中止に。球場に詰めかけていたファンは混乱し、マドンナの宿泊先へ200人が押し寄せるという騒ぎにも発展した。その翌日、1,000人の警官・警備員が動員されるなか、150台のスピーカーと470本ものライトを駆使した、マドンナらしいサービス満点のライヴが行なわれた。
−2001年05月25日作成−
山下達郎なども大リスペクト、B・ウィルソン誕生
山下達郎なども大リスペクト、B・ウィルソン誕生
'61年のデビュー以来、第一線を走り続けてきたビーチ・ボーイズのリーダー、ブライアン・ウィルソン誕生。いわゆる音楽一家に育った彼は3歳の頃から父の書いた曲を歌い、高校時代には弟デニス&カールや従兄弟マイク・ラヴらとバンドを結成。たまたま「サーフィン」という曲を持ち込んだところこれが好評で、すぐさまその輝かしい歴史が幕を開けることとなる。サーフ・ミュージックの祖として有名な彼らだが、皮肉にもブライアンは海嫌い、デニスは'83年海で水死してしまった。
−2001年05月25日作成−
元コモドアーズのライオネル・リッチー、誕生
元コモドアーズのライオネル・リッチー、誕生
コモドアーズのメンバーとして活躍したライオネル・リッチーが、アラバマ州に生まれる。'70年代にコモドアーズで活躍後、'81年にソロに転向。ダイアナ・ロスとデュエットした映画『エンドレス・ラブ』の主題歌が全米チャート9週連続No.1になるなど絶頂期を迎える。が、'86年のアルバムを最後に長い沈黙。'96年、10年振りに通算4枚目のアルバムを発売し、その後も'98年、'01目年とアルバムを発表しているが、若い人は、石橋貴明や香取慎悟がモノマネをしていた姿の方が、よく知っていたりして。〈ライオネル・リチ男〉、なつかし〜。
−2002年05月27日作成−
衝撃の命名、マリリン・マンソンのツィッギー・ラミレス誕生
マリリン・マンソン / 1971年)
衝撃の命名、マリリン・マンソンのツィッギー・ラミレス誕生
マリリン・マンソンのベーシスト、ツィッギー・ラミレスが生まれたのはニュージャージー州フロリダ。'93年にマリリン・マンソンに参加した彼の芸名は、60年代に一世を風靡したモデルのツィッギーと、連続殺人犯リチャード・ラミレスから取って命名されたものだった。彼の特徴は、女装。男女間の壁をなくすことを、目指していたという。ヴォーカリスト、マリリン・マンソンの右腕と言われ、曲作りのために二人で同居していたこともあるほど。曲のほとんどをツィッギーは書いていたが、2002年に彼は脱退。
−2003年05月27日作成−
『るろうに剣心』の和月伸宏が生まれる
(1849年)
『るろうに剣心』の和月伸宏が生まれる
和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の主人公である緋村剣心が生まれる(嘉永2年)。幕末の京都において“人斬り抜刀斎”と呼ばれ恐れられていた剣心だったが、維新後、人を斬ることのできない“逆刃刀”を手に「流浪人」として弱き人々を助けていく物語。週刊『少年ジャンプ』(94年?99年)での連載から、TVアニメ、劇場版、OVAと発展し続けた人気作で、今もなお熱い支持を受けている。
−2008年06月18日作成−
ニコール・キッドマン誕生
米国の女優、ニコール・キッドマンが生まれる。スタンリー・キューブリックの遺作『アイズ ワイド シャット』ではトム・クルーズとの共演で妖艶な世界感を作り出したにも関わらず、離婚。その後出演した『めぐりあう時間たち』や『ドッグヴィル』『コールドマウンテン』とヒット作に恵まれ、演技派女優として君臨する。2006年6月にはカントリー歌手のキース・アーバンと結婚した。
−2007年05月22日作成−
ビートルズ365:アメリカにてアルバム『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』発売
ザ・ビートルズ / 1966年)
ビートルズ365:アメリカにてアルバム『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』発売
アメリカ編集盤の「イエスタデイ・アンド・トゥデイ」が米国発売(日本では70年10月25日発売)。といっても、実際は15日に発売であったこのアルバム。「ブッチャー・カヴァー」と呼ばれる初回盤ジャケットにはクレームが相次ぎ、回収。ジャケット差し替えになったため、店頭に並び始めたのは20日だった。再出荷されたアルバムは、新しいジャケット(トランク・カヴァー)を元の「ブッチャー・カヴァー」に貼り付けたものであった。全米では5週連続の1位を記録した。
−2006年05月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015