2017年10月07日(土)
  
ボン・ジョヴィの底辺を支える男、ティコ・トーレスが誕生
ボン・ジョヴィ / 1953年)
ボン・ジョヴィの底辺を支える男、ティコ・トーレスが誕生
ボン・ジョヴィのドラマー、ティコ・トーレスが米国ニューヨークに生まれる。ニュージャージーで育った彼は、バンドの他のメンバーよりもやや年上。だからボン・ジョヴィ加入前にも、フランキー・アンド・ザ・ノックアウツなどでミュージシャンとしての確かなキャリアを経験している。その存在はまさにバンドの底辺を支えており、ステージでは、ジョン・ボン・ジョヴィのお尻の動きを見るだけでインプロヴィゼーションができるとか、できないとか。画家としても有能だ。
−2006年09月28日作成−
ピアニストのユンディ・リが誕生
ユンディ・リ / 1982年)
ピアニストのユンディ・リが誕生
中国出身のピアニスト、ユンディ・リが重慶に生まれる。幼い頃から音楽的才能を発揮し、アコーディオンを弾き始めたのは4歳の時。7歳ではじめたピアノは、9歳になる頃にはプロを目指しての本格的なレッスンに突入していた。94年に四川音楽院付属中学校に入学して以降、数々のコンクールで賞を受賞。2000年のショパン国際ピアノコンクールで第1位に輝き、その評価を絶対的なものにする。確かなテクニックに裏打ちされたその音色は、美しいことこの上ない。
−2007年09月27日作成−
カリスマ・シンガー、氷室京介誕生
氷室京介 / 1960年)
カリスマ・シンガー、氷室京介誕生
氷室京介、群馬県高崎市に生まれる。1980年に結成した「暴威」は「BOφWY」となり、「俺たちはまだまだ伝説になんかならねーぞ!」というあまりにも有名な、88年4月のラスト・ギグまで走り続ける。ソロとしての活動でも、「ANGEL」「Virgin Beat」「魂を抱いてくれ」などヒット作を連発。BOφWY時代からの「作詞氷室/作曲布袋」を変更し、作曲に専念する楽曲づくりをしている。彼の印象的なMCはファンの間でも有名で、BOφWY時代には「死ぬぜ! BABY ACTION!」という摩訶不思議な名言も残している。
−2000年09月26日作成−
レディオヘッドのトム・ヨークが誕生
トム・ヨーク / 1968年)
レディオヘッドのトム・ヨークが誕生
レディオヘッドのVo.トム・ヨークが英オックスフォードに生まれる。物理学者の父とデザイナーの母との間に生まれたヨークは、生まれつき左瞼が不自由で数回の手術を受ける。学校で出会ったメンバーとともに'93年デビューするが、ほぼ同期のオアシスに比べると評価はまだ低かった。そんな彼らの命運を変えた曲が「クリープ」。持病の「自己嫌悪」を昇華させた彼は、ロックの歴史に刻まれつつあるレディヘ楽曲を産み続けている。
−2001年09月26日作成−
現代最高のチェロ奏者、ヨー・ヨー・マ、誕生
ヨー・ヨー・マ / 1955年)
現代最高のチェロ奏者、ヨー・ヨー・マ、誕生
ウイスキーのCMに登場し、そこで演奏したピアソラのCDが大ヒット、日本でもお馴染みのチェリスト、ヨー・ヨー・マがフランスのパリに生まれる。4歳から父親の手ほどきでチェロを習いはじめ、6歳にしてリサイタルを開くほどの神童。翌年家族でニューヨークに移住し、ジュリアード音楽院、さらにハーバード大学を卒業し、20代ですでに世界的に最も注目される演奏家の一人となったクラシック界のスターだ。その才能だけでなく、誠実で気取りのない人柄も魅力の一つである。
−2002年09月27日作成−
早く人間になりたい。『妖怪人間ベム』の放送開始
(1968年)
1968年10月7日、『妖怪人間ベム』のTVアニメが放送開始。1969年3月31日までフジテレビ系列にて全26話が放送された。いつどこで誰が生み出したのか誰も知らない、人間でも怪物でもない偉業のもの“妖怪人間”。人間になることを夢見ながら、時に人間に迫害され、時に人間と友情を育み悪に立ち向かう、ベム、ベラ、ベロの3人の物語である。「早く人間になりたい!」はこの作品で一番有名なセリフ。
−2008年10月06日作成−
特殊メイクの鬼才、スクリーミング・マッド・ジョージ生誕
特殊メイクの鬼才、スクリーミング・マッド・ジョージ生誕
1956年、特殊メイク・アーティストのスクリーミング・マッド・ジョージが大阪府に生まれる。ダリに憧れ、シュルレアリスムの画家となるためニューヨークに渡りアートスクールで学ぶ。その当時結成していたバンド“the MAD”のグロテスクかつシアトリカルなパフォーマンスがリック・ベイカー(『悪魔の赤ちゃん』『メン・イン・ブラック』等の特殊メイクや、マイケル・ジャクソン『スリラー』PV制作の巨匠)の目に留まり特殊メイクの世界へ。『ゴースト・ハンターズ』『エルム街の悪夢4』『マイノリティ・リポート』等のSFX(特殊効果)で世界的評価を得た。PVの仕事も、ミッシー・エリオットからアイアン・メイデンまで幅広い。
−2007年09月28日作成−
ビートルズ365:リンゴ、映画『キャンディ』への出演を発表。
ザ・ビートルズ / 1967年)
ビートルズ365:リンゴ、映画『キャンディ』への出演を発表。
リンゴが映画『キャンディ』への出演を発表。ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、マーロン・ブランドなどが出演したこの映画は、テリー・サザーンの発売禁止処分をうけた小説を映画化したもの。音楽はステッペン・ウルフやザ・バーズが担当した。原作者のテリー・サザーンは、リンゴが出演した『マジック・クリスチャン』の作者でもあり、『博士の異常な愛情』『バーバレラ』『イージー・ライダー』などの脚本も手がけた、60年代のカウンター・カルチャーを代表する一人である。
−2006年09月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015