2017年12月03日(日)
  
モンキーズが初のコンサートを開催
モンキーズ / 1966年)
モンキーズが初のコンサートを開催
モンキーズが初めてのコンサートを開催した。場所はハワイのホノルル。非常に熱狂的に迎えられたそうで、その後のツアー日程もいくつか追加されたらしい。「恋の終列車」にはじまり、「アイム・ア・ビリーヴァー」で終わるという、2曲の全米No.1シングルで挟む構成のセットリストには、各メンバーのソロ・パートも用意されていたという。この時の北米ツアーは翌67年の5月まで続けられ、一部はテレビ放映用に撮影されている。
−2007年11月28日作成−
「なごり雪」のイルカが誕生
イルカ / 1950年)
「なごり雪」のイルカが誕生
女性フォーク・シンガーのイルカが東京都に生まれる。1970年、後に夫となる神部和夫と組んだシュリークスでデビュー。74年にソロ・デビューを飾ると、翌75年に「なごり雪」が大ヒットを記録する。この後、長きにわたって歌い継がれるこの名曲のリリース以降、語りかけるような歌声と優しげな風貌で、ソロ・シンガーとしての人気を確立。絵本作家としても知られており、全4巻を書き上げた『ちいさな空』シリーズは好評を博した。
−2006年11月28日作成−
スキャットマン・ジョンが死去
スキャットマン・ジョン(本名ジョン・ラーキン)、癌のため57歳で死去。ホテルのジャズ・ピアニストだった彼は、幼い頃から患っていた吃音(きつおん)を才能に転化。1995年に発表したデビュー曲「スキャットマン」はデンマークで大ヒットし、その独特の歌い方はアッという間に日本をも席巻、250万枚のセールスを記録した。計3枚のアルバムを発表した彼はいわゆる「一発屋」なのかもしれないが、プッチンプリンなどのCMからも伺えた真面目で誠実な人柄は多くの人に愛された。
−2000年11月29日作成−
映画音楽家のニーノ・ロータが誕生
ニーノ・ロータ / 1911年)
映画音楽家のニーノ・ロータが誕生
エンニオ・モリコーネと並び称される映画作曲家、ニーノ・ロータがミラノに生まれる。音楽一家に育った彼は7歳で最初の曲を書き上げ、11歳で“天才少年”の名を轟かせている。オペラやバレエ、宗教音楽、交響曲などあらゆる音楽ジャンルに精通していたロータだったが、やはり彼の真骨頂は生涯で150本以上書き上げたという映画音楽。『ゴッドファーザー』『甘い生活』『太陽がいっぱい』『ロミオとジュリエット』……全部名作!
−2001年11月26日作成−
良き一家のパパ? オジー・オズボーン誕生
オジー・オズボーン / 1948年)
良き一家のパパ? オジー・オズボーン誕生
ヘヴィ・メタルのゴッドファーザー、オジー・オズボーン、バーミンガムの労働者階級の家に生まる。ブラック・サバス(=黒い安息日)で、'70年にデビュー。おどろおどろしいヘビー・ロックで〈メタルの神〉と伝説となる。が、次第にドラッグやアルコールに溺れ、'79年にはバンドを脱退。ソロで活動するも'93年に一度活動休止、'96年アルバム『オズモシス』で見事な復活を遂げた。また、2000年代には、オジー家の私生活を追うTV番組『The Osbournes』が超人気。MTV史上最高の視聴率を叩き出し、まだまだそのカリスマぶりは健在だ。
−2002年11月25日作成−
スペインには銅像も!アニメ『マジンガーZ』放映開始
永井豪 / 1972年)
スペインには銅像も!アニメ『マジンガーZ』放映開始
1972年12月3日、永井豪原作のアニメ『マジンガーZ』の放映がフジテレビ系で開始される。1974年9月1日まで全92話を放映。巨大ロボットに主人公が乗り込んで敵と戦う、いわゆる“巨大ロボットアニメ”と呼ばれるジャンルの初作品。日本はもとより、世界各国でも放映され、とくにヨーロッパ各国では絶大な人気を博した。視聴率80%を獲得したと言われるスペインでは、なんと銅像が建てられるほど。
−2008年12月01日作成−
ラジオ・パーソナリティとしても絶大な人気をほこる、古田新太が生まれる
古田新太 / 1965年)
無頼な言動もまた魅力、俳優・古田新太が兵庫県神戸市に生まれる。たまたま『宇宙防衛軍ヒデマロ』に出演したのをきっかけに劇団☆新感線に携わるようになり、いつの間にか劇団員へと。コメディからSF、任侠ものに声優まで、幅広くも懐深い活動は絶賛の嵐。『古田新太と犬山犬子のサンデーおちゃめナイト』に代表されるラジオ番組では、下ネタ満載のトークも聴きどころ。
−2007年11月30日作成−
ビートルズ365:『ラバー・ソウル』英国発売。
ザ・ビートルズ / 1965年)
ビートルズ365:『ラバー・ソウル』英国発売。
『ラバー・ソウル』英国発売(米国では内容違いで12月6日、日本では66年3月15日)。全英では8週連続(NME紙では11週連続)、全米では6週連続1位を記録し、日本では最高49位だった。米国キャピトル盤では前作『ヘルプ!』の楽曲(「夢の人」「イッツ・オンリー・ラヴ」)が2曲収録され、それぞれ英国盤から「ドライヴ・マイ・カー」をはじめとする4曲がカットされている。ブライアン・ウィルソンは『ラバー・ソウル』(米国キャピトル盤)を聴いて、衝撃を受け、アルバム『ペット・サウンズ』の制作へと繋がっていったと言われている。
−2006年11月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」
[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来
[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム
[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015