2017年12月17日(日)
  
英ロック界随一の名シンガー、ポール・ロジャースが誕生
ポール・ロジャース / 1949年)
英ロック界随一の名シンガー、ポール・ロジャースが誕生
ブリティッシュ・ロック・シーンの名シンガー、ポール・ロジャースが英国ミドルズブラに生まれる。ローカル・バンドを組み、地元のクラブで唄っていた彼に転機が訪れたのは、ロンドンに進出してから。アレクシス・コーナーのブルース・インコーポレイティドで学び、ブルース・シンガーとしての才能を開花させていく。68年、フリーでデビューした時の彼はまだ17歳。恐るべき早熟ぶりだった訳だが、その歌唱は素晴らしい。その後も第一線で活動を続ける。
−2006年11月28日作成−
“とろりん”こと西村知美が誕生
西村知美 / 1970年)
“とろりん”こと西村知美が誕生
タレントの西村知美が山口県に生まれる。雑誌のオーディションをきっかけに芸能界に入り、86年に映画『ドン松五郎の生活』でデビュー。主題歌「夢色のメッセージ」も歌った。当時の愛称は“とろりん”。少女の面影を残す可愛らしいルックスとおっとりした雰囲気でトップ・アイドルとなり、90年代以降は“天然ボケ”のキャラクターとしてバラエティ番組でも大活躍。結婚、出産を経てもイメージはまったく変わらない。資格マニアとしても有名だ。
−2007年11月28日作成−
伝説のバンド〈シュガーベイブ〉デビュー・コンサート
山下達郎 / 1973年)
伝説のバンド〈シュガーベイブ〉デビュー・コンサート
1973年9月、はっぴいえんどの解散コンサートにバック・コーラスとして招かれ話題となっていた、山下達郎、大貫妙子ら在籍の幻のバンド〈シュガーベイブ〉が青山タウンホールでデビュー・コンサートを行なう。このバンドがデビューとなった達郎は当時21歳。この頃からあのヘアー・スタイルだった。また、ユーミンがバック・ダンサーとして参加したこともあったという。しかし、アルバム『ソング』と「DOWN TOWN」のシングル・カットを残して1976年に惜しまれつつも解散。後に「DOWN TOWN」はEPOがカヴァーしてヒットしたりもした。
−2000年11月29日作成−
ジョージ・ハリスン、クラプトンとともに来日
ジョージ・ハリスン、クラプトンとともに来日
ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトンとともに来日し、東京ドームでツアーを締めくくる。12月1日の横浜アリーナを皮切りに、3日間におよぶ東京ドーム公演で終わりを迎えたこのジョージ&クラプトンのジョイント・コンサート。そもそもは、同年3月に事故で息子を失うという不幸に見舞われたクラプトンを励ますため、ジョージが誘ったことが発端となって実現したと言われており、翌年その音源はライヴ・アルバムとしても発売。にしてもジョージ、妻を奪われたというのに、なんてイイヤツ(?)なんだ……。
−2001年11月26日作成−
DA PUMPのダンス隊長KEN、誕生
KEN(DA PUMP) / 1979年)
DA PUNPのKEN、沖縄県浦添市に生まれる。父は沖縄県警に勤務。中学生の時、日本テレビ系『元気が出るテレビ』の「ダンス甲子園」に影響を受け、音楽やファッション関係の仕事に就きたいと思い始める。その後、ダンススクールに通い、ほぼ同時にアクターズスクールにも入学。KEN&YUKINARIで同メンバーのYUKINARIと知念里奈のバックダンサーなどを勤めた後、同スクールで出会ったISSA、SHINOBUとDA PUNPを結成。上京し、5畳半1間で4人という貧乏な共同生活を送った後、富樫明生プロデュースでデビューに至った。
−2002年11月25日作成−
ねぇムーミンこっちむいて。岸田今日子が亡くなる
岸田今日子 / 2006年)
ねぇムーミンこっちむいて。岸田今日子が亡くなる
個性派女優の岸田今日子が脳腫瘍による呼吸不全のため、2006年12月17日に亡くなった。76歳だった。1950年に文学座『キテイ颱風』で初舞台を踏み、64年の主演映画『砂の女』でカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞。69年には、名作アニメ『ムーミン』の主人公ムーミン・トロールの声を担当し、人気を集めた。また、その独特の声質と語り口はナレーションでも大活躍で、ドキュメンタリーからバラエティまで幅広い番組に起用されていた。94年には紫綬褒章を受章。なお、俳優の仲谷昇は元夫である。
−2008年12月12日作成−
NHKがテレビ音声多重放送の本放送を開始
(1982年)
音楽番組などの“ステレオ放送”、洋画などの“二か国語放送”、補完的な解説が副音声で聞ける“解説放送”。現在では当たり前になっている、これらテレビのサービス“テレビ音声多重放送”の本放送が1982年12月17日にNHKで開始される。音楽好き、映画好きなら、その恩恵を長年にわたり受け続けてきたわけだが、その原理を正確に言えない方も、なかにはいるのでは? NHKによれば、“アナログ・テレビ電波の周波数のすき間を利用し、同時に2チャンネルの音声を放送する”という原理です。
−2007年11月30日作成−
ビートルズ365:BBCラジオ『サタデイ・クラブ』に出演。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:BBCラジオ『サタデイ・クラブ』に出演。
BBCラジオ『サタデイ・クラブ』にメイン・アクトとして出演。リハーサルと収録は、ロンドンのプレイハウス・シアターで午後3時から6時30分に行なわれ、12月21日の午前10時から正午にクリスマス特番として放送された。ビートルズは「オール・マイ・ラヴィング」「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」「抱きしめたい」など6曲を演奏したほか、「All I Want For Christmas Is A Bottle」(ドーラ・ブライアンのヒット曲「All I Want For Christmas Is A Beatle」の替え歌)をスキャットで披露した。最後に「ラヴ・ミー・ドゥ」から「抱きしめたい」までのシングル曲を発売順に1フレーズずつ歌い、「赤鼻のトナカイ」の1節も付け加えたを29秒で一気に歌いきるメドレー「Crimble Medley」を演奏した(メドレーの最後に歌われた「赤鼻のトナカイ」ではリンゴをからかって”Rudolph The Red-Nosed Ringo”と歌詞を変えていた)。
−2006年11月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015