2017年12月20日(水)
  
黒烏のロビンソン兄弟、兄・クリスが誕生
ブラック・クロウズ / 1966年)
黒烏のロビンソン兄弟、兄・クリスが誕生
ブラック・クロウズのシンガー、クリス・ロビンソンが米国ジョージア州アトランタに生まれる。弟のリッチとともにさまざまなロックに親しんだ彼は、1985年にその弟とともにクロウズを結成する。90年にデビューするや、出身地の透けて見える土着的かつ南部の香りが強烈に漂うサウンドで人気を確立。細い体をくねらせながら歌う彼の姿は、カリスマ性に満ち溢れていた。その音楽的素養と探究心は実に深く、ロックの生々しさを伝えてくれる。
−2006年11月28日作成−
城みちるがデビュー
城みちる / 1973年)
アイドルとして一世を風靡した城みちるが歌手デビュー。デビュー・シングルはもちろん、あの「イルカにのった少年」だ。オーディション番組の先駆け『スター誕生!』をきっかけに芸能界入り。女の子のようにも見える優しい顔立ちで人気を博した。が、この曲を越えるヒットに恵まれず、アイドルとしては短命に終わってしまう。とはいえ、後年になっても城みちる=イルカというイメージで語り継がれ、半ば伝説化している名曲である。
−2007年11月28日作成−
音楽配信サービスの先駆けのひとつが登場
ソニー / 1999年)
ソニーの音楽配信サービス「bitmusic」開始。当時、MP3の普及開始によって急速に進みはじめていたネット配信の先駆となったソニー・ミュージックエンタテインメント。ラルク・アン・シエルやトライセラトップスといった人気アーティストの曲が1曲350円で入手でき、配信当日には1,000件を越えるダウンロードがあったという。その後、海外でのiPod/Itunes Music Storeの大ブレイクを追い風に、ネット配信は新たな局面に進み、bitmusicも「MORA」へと進化。ソフトウエア、ハードウエアともに激しい攻防が続いた。
−2000年11月29日作成−
ウィーン少年合唱団が初来日
ウィーン少年合唱団 / 1955年)
ウィーン少年合唱団が初来日
“天使の歌声”と称されるウィーン少年合唱団、初来日。そのときのショックは“ウィーン・ショック”とも呼ばれ、今でも語り継がれている。何がショックだったかといえば、一つはあの発声法。それまで“元気ならOK”と地声で歌っていた日本の合唱は、その後みなあの美しい声を出すようになり、また、彼らの来日後、日本中に多くの合唱団が誕生したと言われている。約500年の歴史を持ち、ハイドンやシューベルトなどを輩出したこの名門合唱団。2000年の来日時には、なんと『徹子の部屋』で『ドラえもん』の歌を披露してくれたとか。
−2001年11月26日作成−
ドラムを叩くキッスの大猫、ピーター・クリス誕生
そのメイクからキャット・マンとも呼ばれるキッスのドラマー、ピーター・クリス、ブルックリンに生まれる。キッス以前にバンド・チェルシーでデビュー。その後、ポールとジーンとキッスを結成し、オーディションでエースを加え、'74年アルバム『地獄からの使者』を発表した。ドラマーとしてだけでなく「ベス」などのヒット・ナンバーでは、ハスキーなヴォーカルを披露してもいる。メンバーとの折り合いが悪くなり、'80年にキッスを脱退。以後、ソロ活動もしたが、'96年『MTVアンプラグド〜地獄の再会』をきっかけにキッスに復帰した。
−2002年11月25日作成−
「ジャンプ放送局」や「サクラ大戦」シリーズでお馴染み、横山智佐が生まれる
横山智佐 / 1969年)
「ジャンプ放送局」や「サクラ大戦」シリーズでお馴染み、横山智佐が生まれる
1969年12月20日、声優の横山智佐が東京都に生まれる。デビュー直後より『週刊少年ジャンプ』の読者コーナー「ジャンプ放送局」のアシスタントとして活躍。声優としての代表作である『サクラ大戦』シリーズの真宮寺さくら役では、キャラクターに声をあてるだけでなく、ミュージカル舞台で歌やダンスも披露した。なお、声優になったキッカケは、映画『ルパン三世 カリオストロの城』を観てルパン三世に会いたかったから。『ルパンに会いたくて』というエッセイ集も出している。
−2008年12月12日作成−
“マガル”と念じればスプーンも曲がる!ユリ・ゲラーが誕生
ユリ・ゲラー / 1946年)
“マガル”と念じればスプーンも曲がる!ユリ・ゲラーが誕生
70〜80年代、「スプーン曲げ」などで超能力ブームを巻き起こしたユリ・ゲラーが、1946年12月20日にイスラエルで生まれる。自称“超能力者”としての活躍のほか、70年代にはミッキー・カーチスが監修した唯一の音楽作品『ユリ・ゲラー』も発表(2005年にCDで再発)。さらに96年には“史上初のインタラクティブ・サイキック・エクスペリメント・ムービー”と銘打たれた伝記映画『超能力者ユリ・ゲラー』も公開されている。なお、映画の原題は「Mindbender」、日本語訳にすると“ドキッとさせるもの”。
−2007年11月30日作成−
ビートルズ365:アルバム『バングラデシュ・コンサート』米国発売。
ザ・ビートルズ / 1972年)
ビートルズ365:アルバム『バングラデシュ・コンサート』米国発売。
アルバム『バングラデシュ・コンサート』米国発売(英国では73年1月7日、日本では2月21日)。英国では1位を獲得、米国、日本ともに最高2位(米国では6週間2位)を記録。72年度のグラミー賞において、最優秀アルバム賞を受賞した。このアルバムは発売から10日間で450万ドルの収益を挙げ、その後、1,500万ドルを越える売り上げがあったものの、税務当局がアルバムや映画での収益をジョージの個人所得と見なし、税金の対象としてしまった。「このコンサートは寄付を前提にしているので、税金を軽減するように」とジョージが必死に交渉するも、ジョージは100万ポンドもの税金を払うはめになってしまった。さらに追い討ちをかけるように、マネージメントを握っていたアラン・クラインが売り上げを私的に使っていたことが判明。後味の悪い部分も残ってしまった。
−2006年11月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015