2017年12月27日(水)
  
兄っぽいけど弟です、藤井尚之が誕生
藤井尚之 / 1964年)
兄っぽいけど弟です、藤井尚之が誕生
チェッカーズで活躍した藤井尚之が、福岡県久留米市に生まれる。藤井フミヤは兄になる訳だが、背がフミヤよりも高く、顔つきも精悍なことからデビュー当時は兄に見られることも。もともとチェッカーズ結成時にはベースを弾いていたが、地元では有名だった大土井裕二の加入にともない、サックスに転向した。ギターの腕前も確かで、作曲能力も高い、バンドへの貢献度は非常に高かったと言える。チェッカーズ解散以降も精力的に活動、その才能は尽きない。
−2006年11月28日作成−
フォリナーのミック・ジョーンズが誕生
ミック・ジョーンズ / 1944年)
フォリナーのギタリストであるミック・ジョーンズが英国に誕生。60年代初頭からキャリアをスタートさせ、セッション・ミュージシャンやソングライターとしてのキャリアを積む。後期スプーキー・トゥースでの活動を経て、フォリナーを始動させたのは76年のこと。英米混合バンドとして注目を集めたフォリナーにおいて、その高い作曲能力を存分に発揮し、80年代を通じて数々のヒット曲を生み出した。プロデュース業も盛んである。
−2007年11月28日作成−
加藤登紀子が誕生
加藤登紀子 / 1943年)
加藤登紀子が誕生
シャンソン歌手・加藤登紀子、中国ハルピンに生まれる。東大文学部に在学中の1966年に歌手デビューし、同年「赤い風船」でレコード大賞新人賞を受賞。その後は歌手だけでなく、女優、陶芸、書道と多岐にわたり活動している。お登紀さんといえば昭和の超ヒット曲「百万本のバラ」だが、その作曲はラトヴィアの作曲家、パウルス。1989年にラトヴィアがソ連に対して独立を要求したとき、先頭に立ってソ連の戦車を迎えたのが彼だった。激動の、そして重たい青春時代の共感が生んだヒット曲である。
−2000年11月29日作成−
故郷神戸ではクリーニング店の看板娘・濱田マリ、誕生
濱田マリ / 1968年)
濱田マリが兵庫県に生まれる。大所帯バンド「モダンチョキチョキズ」のリーダーに声をかけられ、そのほめ言葉にまんまと乗せられてボーカルを担当。和風テイストをいかしたキッチュなサウンドと、可愛らしくも矢継ぎ早な関西弁トークを炸裂させる濱田のキャラクターで一躍人気となる。当時バンドのメンバーは、いわゆる音楽のプロは少なく、リーダーは高校の古典の先生、そのほか公務員・自転車組立工員・チンドン屋さんなどがいた。
−2001年11月26日作成−
可愛いキャラで女子に大人気。リップスライムのペス、誕生
可愛いキャラで女子に大人気。リップスライムのペス、誕生
リップスライムのペス(本名・千葉昌嗣)、東京都に生まれる。同じ高校の1つ先輩であったイルマリと、イルマリと小中学校が同じだったリョージと3人で、リップの母体となるグループを結成。名前は、3人の頭文字の“R、I、P”からつけたという。趣味は、グラフィック、スケボー、サーフィンなど。「楽園ベイベー」にも出演しているチワワのジョルジオをこよなく愛す。ちなみに、ペスという名前は、かつてのリョージの愛犬ペスに似ていたからだとか。
−2002年11月25日作成−
ピーターパンの日
(1904年)
ピーターパンの日
1904年、英国の劇作家ジェームス・マシュー・バリーの小説「The Little White Bird(邦題: 小さな白い鳥)」からのスピンオフ舞台劇「ピーターパン」がロンドンにて初演。これにちなみ、“ピーターパンの日”とされている。後世、各国でのミュージカルや、ディズニーのアニメ映画『ピーターパン』、フジテレビ系“世界名作劇場”『ピーターパンの冒険』と数多くの作品が制作されたピーターパン。その多くがピーター=善、フック=悪という二元論的な世界観で展開されており、原作の持つアイロニカルな描写は抑えられている。故にいつまでも子供たちに愛される作品たりえているのかもしれない。
−2008年12月12日作成−
リットル藤井こと、藤井尚之が生まれる
藤井尚之 / 1967年)
元チェッカーズ、現在はNon Chords/アブラーズのメンバーとして活動するサックス・プレイヤー、藤井尚之が福岡県久留米市に生まれる。チェッカーズ在籍中からソロとして活動を行なっていた彼、解散後は映画『教祖誕生』(1993年公開/原作:ビートたけし、監督:天間敏広、出演:萩原聖人、玉置浩二)の音楽を担当。俳優業や、実の兄でもある藤井フミヤとともにF-BLOODを結成するなど、多方面で活躍中。
−2007年11月30日作成−
ビートルズ365:ジョン、ジュリアンとディズニーランドで遊ぶ。
ザ・ビートルズ / 1974年)
ビートルズ365:ジョン、ジュリアンとディズニーランドで遊ぶ。
ジョン、ジュリアンや秘書のメイ・パンとともにディズニーランドで遊ぶ。「ディズニーランドが最も混雑した日に行ったに違いない」とジョン。「おかしい話があるんだ。他の人たちとモノレールに乗っていると、僕に誰も気づかなくて。それで、背中越しにこんな話を聞いたんだ。『ジョージ・ハリスンがいた』って。その人はその時、僕に興味を持っていたんだよ」ともジョンは回想している。また、この日、ディズニーワールドに隣接しているハワイのヴィレッジ・ホテルで、ジョンはビートルズの合資会社解散に関する用紙に署名。これによって、ビートルズは書面上、終わりを告げた。
−2006年11月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015