2018年01月03日(水)
  
ベイ・シティ・ローラーズの「サタデイ・ナイト」、全米1位
ベイ・シティ・ローラーズの「サタデイ・ナイト」、全米1位
タータン・チェックの衣装に身を包み、70年代に旋風を巻き起こした男性アイドル・グループ、ベイ・シティ・ローラーズの「サタデイ・ナイト」が全米シングル・チャートで1位を記録した。“S-a-t-u-r-d-a-y night!”というリフレインが実にキャッチーで、まさに土曜の夜に盛り上がるは持って来いの楽しい1曲だ。数ある彼らのヒット曲の中でも特に人気の高いナンバーで、後年になっても多くの人々に親しまれている。
−2006年12月26日作成−
B.J.トーマスの「雨にぬれても」が全米1位
B.J.トーマス / 1970年)
B.J.トーマスの歌う「雨にぬれても(Raindrops Keep Fallin' on My Head)」が全米シングル・チャートで1位に輝いた。ご存知、映画『明日に向かって撃て!』の主題歌となった曲だ。ハル・デイヴィッドとバート・バカラックの手によるこの優しげでほのぼのとしたナンバーは、映画史に残るとされる同作のラスト・シーンで、実に印象的な使われ方をしていた。その後もさまざまな媒体で使用され、世代を越える名曲となった。
−2007年12月18日作成−
第1回紅白歌合戦が放送
第1回紅白歌合戦が放送
年末恒例の紅白歌合戦、第1回が放送される。今では信じられないが、最初の紅白はNHKのラジオ第1で夜8時から50分間だけの放送だった。男女各7組の歌手が出演し、東海林太郎、藤山一郎らの白組が勝利を飾る。紅白をテレビで観られるようになったのは53年から。63年の第14回では81.4%という驚異的な視聴率を記録した。歌詞を忘れた北島三郎(98年)、コンドーム型衣装に身を包んで登場したモックン(92年)、小林〈サッチン〉幸子のホタル電飾不点灯(92年)……と、毎年ネタは尽きることなし。
−2000年12月22日作成−
吉田栄作が誕生
吉田栄作 / 1969年)
吉田栄作が誕生
かつて、女子の人気を一手に集めていた吉田栄作、神奈川県に生まれる。'88年タカキューナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパンでグランプリを獲得。その後、数々のトレンディドラマで女子のハートをメロメロにする。また、歌手としても「心の旅」などのヒット曲を持ち、公的な芸能活動とは関係なく結成されたバンド「¥100 PARKING」でライヴ活動も行なったことも。なんと、このライヴではあの栄作が、ものすごい間近で見られるらしい。
−2001年12月25日作成−
『ゲゲゲの鬼太郎』第1シリーズの放送開始
水木しげる / 1968年)
1968年1月3日、水木しげる原作の人気妖怪アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の第1シリーズが放送スタート。69年3月30日まで全65話が放送された。シリーズ唯一のモノクロ放送。アニメ版では、原作のグロテスクさや社会風刺部分を抑え、勧善懲悪型のストーリーとなっているのが特徴。鬼太郎も、より親しみやすいキャラクターになっており、子供たちのヒーローとして描かれている。アニメ版は以後、現在(2009年1月)に至るまで各年代に5つのTVシリーズ作品が制作されている。
−2009年01月01日作成−
“ギバちゃん”“踊る室井管理官”こと柳葉敏郎が生まれる
柳葉敏郎 / 1961年)
“ギバちゃん”“踊る室井管理官”こと柳葉敏郎が生まれる
“ギバちゃん”の愛称で親しまれる柳葉敏郎が秋田県で生まれる。路上パフォーマンスを繰り広げ話題を呼んだ一世風靡セピアでの活躍を経て、86年には『南へ走れ 海の道を』で本格的にスクリーン・デビュー、日本アカデミー新人賞を受賞する。以後、TV、映画、CMなどの幅広い分野で活躍中だ。多くのヒット作を持つが、一番の当たり役といえば『踊る大捜査線』シリーズの室井慎次。2005年にはスピンオフとして映画『容疑者 室井慎次』も制作されている。
−2008年01月07日作成−
ビートルズ365:ジョージ・マーティン生まれる。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:ジョージ・マーティン生まれる。
1926年1月3日、ロンドンに生まれる。15歳の頃にダンス・バンドを結成。測量士の事務所に就職した後、海軍航空隊へ入隊。その後、ギルドホール音楽学校で作曲、指揮法、オーケストレーションやオーボエの演奏を学び、1951年にEMIに入社。パーロフォン・レーベルの担当となり、クラシックやジャズなどの録音を手がけ、55年にチーフ・プロデューサーになる。それからは多くのコメディ・レコードを制作し、1962年にビートルズと出会う。70年には自らのスタジオも設立。ビートルズ解散後も多くのアーティストを手がけ、98年に現役を退いた。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015