2018年01月13日(土)
  
デビューはアイドル歌手でした、長山洋子が誕生
長山洋子 / 1968年)
デビューはアイドル歌手でした、長山洋子が誕生
演歌歌手の長山洋子が東京都に生まれる。幼い頃から民謡に親しんでおり、当初はデビューから演歌歌手として活動する予定だった。が、16歳と若かったこともあり、結局はアイドル歌手としてデビュー。ショッキング・ブルー、バナナラマのカヴァーである「ヴィーナス」が大ヒットを記録し、80年代後半から人気を博す。その後、93年に念願の演歌歌手に。かつて培った実力を遺憾なく発揮し、こちらの世界でも成功を収めるのだった。
−2006年12月26日作成−
トレヴァー・ラヴィンが誕生
トレヴァー・ラヴィンが誕生
ギタリスト、マルチ・プレイヤー、作曲家など、多才ぶりを発揮するトレヴァー・ラヴィンが、南アフリカに生まれる。父親はヴァイオリン奏者、母親もピアノを弾いていたという、音楽的才能に恵まれたのも納得の血筋だ。ピアノを学びつつギターも手にした幼い頃の彼は、次第にロックに惹かれていく。ラビットでデビューした後、80年代には(結果的に)あのイエスの再生に尽力。真性プログレ・マニアの批判を浴びたものの、その恐るべき才能に疑う余地はない。
−2007年12月18日作成−
ソウルの大御所、ダニー・ハサウェイが自殺
ダニー・ハサウェイ / 1979年)
ソウルの大御所、ダニー・ハサウェイが自殺
ニュー・ソウルの旗手、ダニー・ハサウェイがNYのアパートから投身自殺。作詞・作曲・キーボード・アレンジ・プロデュースをこなし、『新しきソウルの光と道』、『LIVE!』などの名盤を残した天才は、33歳の若さで自ら命を絶った。ゴスペル、ブルース、ジャズなど多ジャンルの音楽を自己流に昇華させるその手法は、後の多くのアーティストに影響を与えた。娘レイラ・ハサウェイも歌手。「ダニー・ハサウェイを聴くたびにフーッとため息がもれる」との理由から名前が付いたダニー・フーというソウル・シンガーもいるくらいの御大である。
−2000年12月22日作成−
デビュー当時はスレンダーボディ、真矢が誕生
真矢(元LUNA SEA) / 1970年)
解散してしまったLUNA SEAの中で、ひときわ異彩を放っていた真矢(ds)、神奈川県に生まれる。能楽師を父に持つ真矢は、小学校時代は能を中心とした生活を送っていたが、中学生になってからはすっぱりやめてしまったという。ちなみに、真矢の実家はすき焼きコロッケが美味しいと評判のお肉屋さん。バンド解散後は、秋元康と組んで歌を出したり、ドラマーとしては『メロディー』ビデオ作品を発表したりもしている。妻はご存知、元モーニング娘。の石黒彩。
−2001年12月25日作成−
Charaが誕生
Chara / 1968年)
Charaが誕生
Charaが埼玉県川口市に生まれる。小学3年生のとき、担任の先生に呼ばれたあだ名「チャラ」が定着。4歳から始めたピアノの才能を活かし、高校生のときにキーボードとしてバンドへ参加する。'88年にヴォーカリストへ転校した彼女は、'91年9月に「Heaven」でデビュー。個性的な歌声と、キュートなルックスで女の子を中心に人気を集める。'96年には映画『PICNIC』『スワロウテイル』にも出演、夫・浅野忠信と運命的な出会いを果たすこととなる。2児の母ながら、あらゆる面でまだまだ才能を開花させそうだ。
−2002年12月25日作成−
日本声優界の大御所、野沢那智が生まれる
野沢那智 / 1938年)
日本声優界の大御所、野沢那智が生まれる
1938年1月13日、日本声優界の大御所の一人、野沢那智が東京都に生まれる。アニメの代表作は『新・エースをねらえ!』の宗形仁、『ベルサイユのバラ』のフェルゼン、『スペース・コブラ』のコブラなど。また洋画の吹き替えでは、アラン・ドロン、アル・パチーノ、ジェームス・ディーン、ブルース・ウィルスなど5,000本を超える作品に出演。さらにナレーターとしても多くのテレビ番組に参加している。近年は、声優の養成所「パフォーミング・アート・センター」を運営しており、多くの人材を育成している。2008年第2回声優アワード功労賞受賞。
−2009年01月05日作成−
名声優、野沢那智が生まれる
野沢那智 / 1938年)
名声優、野沢那智が生まれる
洋画吹き替えには欠かせない声優、野沢那智の誕生日。アラン・ドロン、ロバート・レッドフォード、アル・パチーノのような2枚目俳優の吹き替えを担当することが多いが、C-3PO(スターウォーズ)やジョン・マクレーン警部補(ダイ・ハード)などアクの強い個性的なキャラクターを演じる際にその魅力を最大限に発揮。多くのファンが存在する。
−2008年01月08日作成−
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、密かに来日。
ザ・ビートルズ / 1971年)
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、密かに来日。
ジョンとヨーコは6日、リヴァプールからアメリカ客船プレジデント・クリープランド号に乗って出発。13日に来日し、ジョンはヨーコの家族に初めて対面する。その後、京都で4日間過ごし、20日に歌舞伎座にて『隅田川』を鑑賞。日本語を知らないはずのジョンが鑑賞中に涙を流したとか。この来日時にジョンは俳句に触れ、「自分が今まで読んだ詩の形態で一番美しいもの」とコメント。その後の作品作りに俳句は大きなヒントを与えた。21日、ポールが起こした裁判のために急遽帰国することになった。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015