2018年01月14日(日)
  
美少年から豪傑へ、ザック・ワイルドが誕生
ザック・ワイルド / 1967年)
美少年から豪傑へ、ザック・ワイルドが誕生
ブラック・レーベル・ソサイアティを率いて活躍するギタリストのザック・ワイルドが、米国ニュージャージーに生まれる。ギターを手にした頃の彼は、1日に12時間も練習していたそうだ。その努力は87年に報われる。新ギタリストを探していたオジー・オズボーン・バンドに抜擢され、一躍人気者に。当時はフワフワのブロンドがよく似合う美少年だったのに、年を重ねるに連れてヒゲ面&バイカーズ・ファッションのムサい男に。しかしそれもまたカッコ良いんだな。
−2006年12月26日作成−
ニルヴァーナ〜F.ファイターズのデイヴ・グロールが誕生
デイヴ・グロール / 1969年)
ニルヴァーナやフー・ファイターズでの活動でお馴染み、デイヴ・グロールが米国オハイオ州に生まれる。12歳の時にギターを手にした彼が最初に影響を受けたのは、パンクだった。その後しばらくしてドラマーに転向、これが転機となる。カート・コバーンに絶賛された彼はニルヴァーナに加入。バンドが崩壊した後は再びギターを持ち、フー・ファイターズを始動させ、2000年代にはメタル・プロジェクト“プロボット”も興すなど、才能溢れる男だ。
−2007年12月18日作成−
上原多香子が誕生
上原多香子 / 1983年)
上原多香子が誕生
上原多香子、沖縄県に生まれる。SPEED時代はダンスとコーラスを主に担当、その容姿端麗さで密かにファンを魅了し、「my first love」でソロ一番乗り。いわゆる“天然系”オトボケ・キャラの彼女は、10年後の自分予想に「パリジェンヌになっていて若い男の人たちをいっぱい連れて歩く」と答える本格派。プロデューサー伊秩弘将をして、「黙っていればイイ女」と言わしめたほど。
−2000年12月22日作成−
ゆずの北川悠仁が誕生
北川悠仁(ゆず) / 1977年)
フォーク・デュオ〈ゆず〉のリーダー、北川悠仁、横浜市に生まれる。小・中学校の同級生・岩沢厚治と、ゆずを結成。横浜・伊勢佐木松坂屋前で路上ライヴを続け、'97年ミニアルバム『ゆずの素』でデビューしたいきさつはあまりにも有名。趣味のひとつはAV論。そんな北川は、ゆずとして活動する前に役者を目指していた時期もあり、ホモビデオなどにも出演していたとか。『ゆずの素』プロフィールにも「変質者、ホモの役をこなしどっぷり役者にはまる」と書いてあるという。
−2001年12月25日作成−
マリリン・モンロー2度目の結婚! そして日本へ……!!
マリリン・モンロー / 1954年)
マリリン・モンロー2度目の結婚! そして日本へ……!!
本名ノーマ・ジーン・ベイカー。'53年の映画『ナイアガラ』で不動の地位を得た歌手/女優のマリリン・モンローが、2人目の夫であるジョー・ディマジオと結婚する。その新婚旅行の先はなんと日本。広島カープをコーチするディマジオとともに各地を巡り、日本ではモンローウォーク旋風が巻き起こった。3週間ばかり滞日したディマジオ夫妻だったが、その後わずか9ヶ月で破局してしまう。子どもが好きで、周囲の人にも愛想よく話しかけていたというモンロー。36歳での死はあまりにも早すぎた。
−2002年12月25日作成−
おはヨーグルト!『おぼっちゃまくん』放送開始
小林よしのり / 1989年)
「コロコロコミック」に連載されていた、小林よしのりの人気漫画を原作としたTVアニメ『おぼっちゃまくん』の放送が開始される(1989年1月14日)。92年9月26日まで全164話を放送。エリート小学校・田園調布学園に転校してきた、超下品な主人公・御坊茶魔が繰り広げる騒動を描いたギャグ・アニメ。「ともだちんこ」や「おはヨーグルト」など、御坊茶魔が喋る“茶魔語”が社会現象にまでなった。当時は「子供に見せたくないアニメ・漫画」(PTAアンケート)とされたが、そんな親たちの思いとは裏腹に、当時の子供たちの間では大人気となった。
−2009年01月05日作成−
オスカー女優、フェイ・ダナウェイが生まれる
フェイ・ダナウェイ / 1941年)
オスカー女優、フェイ・ダナウェイが生まれる
オスカー女優、フェイ・ダナウェイの誕生日。初出演映画『夕日よ急げ』に続き、実在の犯罪者ボニーとクライドをモデルとした映画『俺たちに明日はない』でボニー役を演じ、早くもアカデミー主演女優賞にノミネート。トップ女優の仲間入りを果たす。ボニーとクライドのクライム・ロマンスは当時の若者に鮮烈な印象を残した。
−2008年01月08日作成−
ビートルズ365:ジョンとヨーコのリトグラフ展『バッグ・ワン』が開かれる。
ザ・ビートルズ / 1970年)
ビートルズ365:ジョンとヨーコのリトグラフ展『バッグ・ワン』が開かれる。
ロンドンのボンド・ストリートにあるアート・ギャラリーにてジョンとヨーコの性生活を描いた14枚の版画を展示したリトグラフ展『バッグ・ワン』が開催された(28日終了)。16日にはロンドン警察庁がワイセツ容疑で8枚の版画を押収。版画は1枚40ポンド(3万5000円)で,1セット585ポンド(50万円)で売られていた。1日の入場者数は5000人ほどであった。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015