2018年01月15日(月)
  
ヒット曲も持つ芸達者な名女優、樹木希林が誕生
樹木希林 / 1943年)
女優の樹木希林が東京都に生まれる。悠木千帆の名前で61年にデビュー、77年の改名以降も第一線で活躍する実力派である。どこかとぼけたキャラクターが魅力だが、若い頃から老人を演じるなど、個性あふれる演技は非常に魅力的だ。実は、音楽界とも縁が深い。2人目の夫はあの内田裕也であるし、70年代にはドラマで共演した郷ひろみと組んで「お化けのロック」、「林檎殺人事件」と立て続けにヒットを記録。さらに、娘の也哉子は元シブがき隊の本木雅弘と結婚した。
−2006年12月26日作成−
L.スキナードのロニー・ヴァン・ザントが誕生
L.スキナードのロニー・ヴァン・ザントが誕生
レーナード・スキナードのシンガー、ロニー・ヴァン・ザントが米国フロリダ州ジャクソンヴィルに生まれる。38スペシャルのドニー、後にレーナードに加入するジョニーの兄である。後にはサザン・ロック界の重要人物になるのだが、幼い頃はそれほど熱心に音楽を聴いていたわけではなく、ボクサーやカー・レーサーを夢見ていたという。そんな彼をロックに導いたのはローリング・ストーンズのライヴだったとか。77年、有名な飛行機事故で死去。
−2007年12月18日作成−
奥田民生、2ndシングル「息子」発売
奥田民生 / 1995年)
奥田民生、2ndシングル「息子」発売
奥田民生がソロ第2弾の「息子」を発売。65年広島県生まれの民生は86〜93年、バンド「ユニコーン」でヴォーカルを務める。解散1年後の94年に「愛のために」でソロ・デビューし、その独特の楽曲・作詞センスをまざまざと見せつけ、その後の活躍はご存知のとおり。コカ・コーラのCMにもなぜか使われたこの曲は、PUFFYに提供した「MOTHER」にも通じる寂しさと、そこから開き直る前向きさに満ちた名曲だ。
−2000年12月22日作成−
子どもにも大人気のスチャダラBOSE、誕生
J-RAPの元祖、スチャダラパーのBOSEこと光嶋誠、岡山県に生まれる。'90年にデビューし、'94年小沢健二との共作「今夜はブギーバック」が大ヒット。以後、BOSEはゲーム『ゼルダの伝説〜時のオカリナ』のCMに出演したり、TV番組『ポンキッキーズ』に出演したりと、子どもたちからも支持を得る。ちなみに、スチャダラのANIとSHINCOは兄弟だが、BOSEの弟・光嶋崇も、かせきさいだぁのいたバンドで活躍したりデザイナーとして活躍したりもしている。
−2001年12月25日作成−
ザ・フーがデビュー
ザ・フー / 1965年)
ザ・フーがデビュー
ザ・フーが「アイ・キャント・エクスプレイン」でデビュー。「マイ・ジェネレイション」「恋のピンチ・ヒッター」などモッズのスタンダードを生み出した彼らは、その破壊的なライヴパフォーマンスでも名を馳せた。若者の行き場のない感情をストレートに示したこの曲は、G.ピート・タウンゼントが18歳のときに作ったものだという。同日には、ボブ・ディランが名曲「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」の収録も終えている。
−2002年12月25日作成−
クリリン、ルフィ、パズー、はに丸くん! 声優・田中真弓、誕生
田中真弓 / 1955年)
クリリン、ルフィ、パズー、はに丸くん! 声優・田中真弓、誕生
1955年1月15日、声優/舞台俳優として活躍する田中真弓が東京都に生まれる。劇団「おっ、ぺれった」を主宰するなど舞台女優として活躍する一方、声優としても大活躍。『ドラゴンボール』のクリリン、『ONE PIERCE』のルフィ、『天空の城ラピュタ』のパズー、『ダッシュ勝平』の坂本勝平、『魔神英雄伝ワタル』の戦部ワタルなど、多くの少年役を演じ、知名度、人気ともに今もトップを走る大ベテランとして活躍中。なお、ある世代なら誰もが知るNHK教育の人気キャラクター「はに丸くん」(『おーい!はに丸』)の声も担当している。
−2009年01月05日作成−
国民的女優、樹木希林が生まれる
樹木希林 / 1943年)
コミカルな役どころはよりコミカルに、シリアスな役どころはよりシリアスに。独特の存在感で演じて作品を盛り立てる国民的個性派女優、樹木希林。歳を重ねても出演のペースは落ちることはなく、常に第一線の女優として銀幕にお茶の間に、その誰もが納得する個性を振りまいている。
−2008年01月08日作成−
ビートルズ365:2月5日までパリのオランピア劇場にて公演。
ザ・ビートルズ / 1964年)
ビートルズ365:2月5日までパリのオランピア劇場にて公演。
トリニ・ロペスやシルヴィ・バルタンなどが共演した初のフランス公演。全10組のミュージシャンが出演したこの公演の観客の入りは悪く、ビートルズは前座に人気を奪われてしまった。観客の反応は曲が終わると拍手がおきるのみという、お行儀の良いコンサートだったようだ。現地の新聞でもこの公演については厳しい意見が多く、否定的なものが多かった(フランス公演初日の夜、地元の記者やカメラマンとビートルズが殴り合いのケンカをしたのが一因ともいわれている)。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015