2018年04月16日(月)
  
Rolling Stones Records第一弾、「ブラウン・シュガー」リリース
Rolling Stones Records第一弾、「ブラウン・シュガー」リリース
ローリング・ストーンズが自らのレーベル“Rolling Stones Records”を設立、その記念すべき第一弾として、「ブラウン・シュガー」のシングルを発売した。ライヴの定番となった名曲だが、特筆すべきはキース・リチャーズのギターだろう。後に彼の代名詞となるオープン・G・チューニングによるリフ・ワークは絶妙! ミック・テイラーに対抗してソロを頑張ったこともあったが、この曲でキースは自らのプレイを確立したと言っていい。
−2006年03月29日作成−
「酒と泪と男と女」の河島英五が死去
河島英五 / 2001年)
「酒と泪と男と女」の河島英五が死去
「酒と泪と男と女」「時代おくれ」などのヒットで知られるシンガー・ソングライターの河島英五が死去した。死因は肝臓疾患、享年48。同じ年の1月に吐血して入院したものの、3月には活動を再開、長女の結婚式に出席した直後のことだった。4月15日、再度の吐血。死の直前まで意識があったらしく、非常に静かな最期だったと言われている。不器用な男の生き様を歌った名曲の数々は、同世代の共感を呼び、死の後も歌い継がれている。
−2007年03月30日作成−
小粋で軽妙な名曲を生み出すヘンリー・マンシーニ、誕生
小粋で軽妙な名曲を生み出すヘンリー・マンシーニ、誕生
『シャレード』『ピンクパンサー』シリーズなどの映画音楽で有名なヘンリー・マンシーニ、米クリーヴランドに生まれる。幼少よりフルートやピアノを始め、その後、ジュリアード音楽院に進みクラシックを学ぶ。しかし元来好きであったジャズを捨てきれず、卒業後はグレン・ミラー楽団にピアニスト兼アレンジャーとして参加。その後、ハリウッドで映画の音楽スタッフとしてTVシリーズ『ピーター・ガン』を担当。これがヒット(グラミー賞の第1回アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞)し、出世街道を歩み出すことになった。
−2002年03月27日作成−
モー娘。メンバーに加護ちゃん、辻ちゃんら4人追加
モー娘。 / 2000年)
モー娘。メンバーに加護ちゃん、辻ちゃんら4人追加
モーニング娘。3度目の追加オーディションで石川梨華、吉澤ひとみ、加護亜依、辻希美の4人が新たにメンバーに加わる。25,000名から最終オーディションに残った12名がお寺にこもり、ヴォイス・トレーニングやダンス・レッスンを行なった結果、当初3名の予定が4名に増えた。その後、メンバー増減を繰り返す。石川の特技はテニス、ヨッシーの趣味はメール、加護ちゃんの一番気になる人はボブ・サップ、辻ちゃんの気になる事はタマちゃんのその後、だとか。
−2003年03月25日作成−
ローリング・ストーンズ、デビュー・アルバム発売
ローリング・ストーンズ、デビュー・アルバム発売
ローリング・ストーンズのデビュー・アルバム『ザ・ローリング・ストーンズ』発売。ジャケットには、アルバム名はおろかバンド名すら表記されていなかったが、発売と同時にヒットを飛ばし、全英でチャート1位を獲得。同年、初めてUSツアーを行ない、さらに、活動を世界に広げていく。バンド名の由来は、マディー・ウォーターズの「ローリング・ストーン」から。初期メンバーでその後死亡したブライアン・ジョーンズが名付けた。
−2003年03月25日作成−
シシシ(笑)「チキチキマシン猛レース」ケンケンの誕生日
神山卓三 / ????年)
シシシ(笑)「チキチキマシン猛レース」ケンケンの誕生日
米ハンナ=バーベラプロダクション制作の人気アニメ『チキチキマシン猛レース』と『スカイキッドブラック魔王』に登場するキャラクターで、ブラック魔王との名コンビぶりで知られる、犬のケンケンが4月16日に生まれる(生年不明)。ケンケンは日本での呼び名で、原作での呼び名はマトレー(Muttley)。ドラマ『ひとつ屋根の下』(93年)にて江口洋介演じる主人公が物真似をするなど、ケンケンの“シシシ笑い”は作品を超えた人気ぶり。なお、日本語吹き替えは神山卓三が担当していた。
−2009年03月31日作成−
スタジオジブリの名アニメ『火垂るの墓』と『となりのトトロ』が同時公開!
(1988年)
スタジオジブリの名アニメ『火垂るの墓』と『となりのトトロ』が同時公開!
多くのファンに永く愛され続けている、自然と共生する“不思議”を郷愁たっぷりに描いた『となりのトトロ』、そして野坂昭如の小説を原作に終戦前後の日本を生きた幼い兄妹の姿を描いた感動作『火垂るの墓』が同時公開。両作品とも国内外で高い評価を得たアニメーションですが、公開当時には、観客をあまりにも悲しい気持ちにさせてしまう『火垂るの墓』と、“もののけ”を描いた心温まる『トトロ』とのギャップも話題になりました。
−2007年03月30日作成−
ビートルズ365:アメリカ、ABCテレビで『ジェームズ・ポール・マッカートニー』放映。
ザ・ビートルズ / 1973年)
ビートルズ365:アメリカ、ABCテレビで『ジェームズ・ポール・マッカートニー』放映。
アメリカのABCテレビで、ポールのテレビ・スペシャル『ジェームズ・ポール・マッカートニー』が放送された。内容は3月18日にATVスタジオで収録されたもの。スタジオ・ライヴやステージでの演奏シーンが満載のこの番組は、日本ではNHKが一度だけ放送。いまだ商品化されていない幻の番組である。演奏された曲目は「マイ・ラヴ」「メイビー・アイム・アメイズド」「007/死ぬのは奴らだ」などの他、「イエスタデイ」「ブラックバード」「ロング・トール・サリー」などのビートルズ・ナンバーも含まれていた。
−2006年04月01日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015