パーティーバラモン最高会議2016

2016/12/29掲載
MyCDJ お気に入りリストに「パーティーバラモン最高会議2016」を追加/削除する はてなブックマークに追加
はじめに
文 / fkirts
 はじめましてこんにちは、フカーツという者です。7月に〈パーティーバラモン最高会議2016〉というトークイベントに出演させて頂き、今回CDジャーナルのWEB版のレポート記事を依頼されたので、これを書いています。
 大阪のカフェ兼イベントスペース「HOPKEN」に関西、関東から総勢12名の音楽パーティー狂を集め、普段はインタビューなど受ける機会の無い「よくいるパーティーの客」たちがトークしたら面白いんじゃない?という趣旨の(恐らく)気軽かつ半分悪ふざけも入ったこのトーク・イベントは、2014年に東京・阿佐ヶ谷Rojiでのイベント〈笑ってバイとも〉内で行われた初回からパネラーを増やしての第2回目の開催。
 60人くらい入ったらパンパンになるような会場で行われたこのトーク・イベントの告知ポスターが、メジャー・アーティストも公演する東京・恵比寿LIQUIDROOMに堂々と掲示されているのを見て、とても可笑しくて笑ってしまったが、確かにこの催しはマイナーな遊び場、遊び人からの、同胞、もしくはそれを知る由も無い人達に向けたちょっとしたお便りになると思う。
 ロックやハードコア・パンクからヒップホップ、ハウス、テクノ、フォーク、アバンギャルドとか、もしくはもうカテゴライズ出来ないようなパーティーとか、横断的に様々な催しに居る人達。なのにどのパーティーに行ってもお互い顔を合わせるっていう。まあその繋がりってのは雲のようにフワフワと色んな密度が重なり合って出来ているもので。
 下記にまとめられた当日のトーク内容や各バラモン達の口から語られるエピソードから少しでもそのよく分からない繋がりの中から醸し出される共通認識みたいなものを感じとってもらえばいいのではないかと思います。いや、違った。どっちかというとこうやって色んなところで遊ぶのがめちゃくちゃ楽しいってことが、僕が伝えたいことではあります。
 文字おこしとまとめは大半をCDジャーナルの仁田さんにやって頂き、BIOMANさんに監修、進行管理などして頂きました。続いて出演者紹介も私フカーツが担当します。実際にパーティーに関わっている人達も多いので純粋に「客」と言えるかは賛否あれど、バラモンであることは皆が認めるところです!
 登場人物プロフィール  前編  後編 
※前編の記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。
関西バラモン
oboco

近年パーティーの物販制作を精力的に行ってる変わり者だけど真面目なイメージもある人。レギュラーパーティーに〈風工房’98〉。DJチーム「奴隷船」メンバー。

loshi

様々な関西の音楽現場に勤務し今の関西のDJイベント潮流の屋台骨を築いたと言っても過言ではない人らしい。

HOPKEN

会場となるHOPKENの店主、杉本氏。優しい物腰。ここ10年くらいの関西パーティーの歴史を知る男。

aspara

名物パーティー〈HOUSE OF LIQUID〉やLicaxx、Madeggと共にレジデントを務めるMALで東京でもガンガン活躍する僕がめっちゃ好きなDJ。マスクも甘い。

未知との遭遇

DJ、大阪で面白そうなイベントあるなあ、と思ったら会場はbar STOMPってことが多いんだけど、そこに勤めている方。

L.A.monte young

大阪の住之江区に住んでる人。PUNPEE似。

V8

HOPKENで定期的に行われているトークイベント〈Falus〉の主催の一人。最近めっちゃ痩せた。

関東バラモン
タクミ

僕と同い年で、ここ6年間、月に1回は必ずタクミ君に遭遇するし、平均的に週に1回は必ず出くわす。誰に聞いてもタクミ君を知っているし、皆口を揃えてタクミ君は3人いる、というくらい色んなイベントにいる。バラモンの中のバラモン。人懐っこいし、いつもなんだかおしゃれな服を着ている。

panparth

DJ。若い芽っこの会所属。文科系、お酒好き。

けしー

タクミ君とも、けしー君とも行くイベントが3割くらいかぶっていると思います。年は結構違うけど純粋に遊び場でたぶん結構同じような気分で遊べているのは素敵な事だなと思います。たまにDJもしてる。場所もブッキングも良い感じなイベントオーガナイズに定評があるほか、最近やっているブログもとても面白いです。

DJ Soybeans

某リキッドルーム勤務、お調子者キャラで皆に愛される異国顔グッドヴァイブスDJ。DJやオーガナイズもさることながら、東京、伊勢、大阪etcをすごいタイトなスケジュールで往復しながらいろんな人たちと遊んでいる事ですごくみんなのヴァイブスを高めてくれている気がするので、最高。

fkirts

これを書いている僕です。ブログ「YULUXUS BLOLOLUG」管理人。たまに選曲やイベントお手伝いなど。

司会
BIOMAN

このイベントの主催者でありneco眠るの鍵盤その他担当。フライヤーやアルバムジャケットなどのアートワークもやるし、めっちゃ探究心強くて物知りっぽい。DJも最高に好きです。

パーティーヴァイシャ
いこ

京都在住の一般OL。

 登場人物プロフィール  前編  後編 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015