長い経験でわかる“哲学”も、肌で感じ取れてしまう天才肌 類稀な才能を持つ19歳のシンガー・ソングライター、清 竜人

清竜人   2009/03/06掲載
はてなブックマークに追加
 3月4日にリリースされたau Smart Sports CMソング「Morning Sun」で話題になっている19歳のシンガー・ソングライター、清 竜人。3月25日にはデビュー・アルバムもリリースされる。タイトルは“PHILOSOPHY(=哲学)”。清々しいサウンドと歌の中に潜む“哲学”をじっくりと楽しめる本作について話を訊いた。


 数年に一度しか登場しない、恐ろしいほどのスケール感を持ったニューカマーであると言い切ってしまいたい。シングル「Morning Sun」(3月4日リリース/au Smart Sports CMソング)とアルバム『PHILOSOPHY』(3月25日リリース)でメジャー・デビューを果たす19歳のシンガー・ソングライター、清 竜人。まずは「Morning Sun」に触れてみてほしい。イノセントな響きをたたえたファルセット・ヴォイス、フォーキーにしてクラシカルな音像――初期のジョニ・ミッチェルを想起させるような――そして、何気ない日常に潜む、深遠な真実を鮮やかに捉えたリリック。清々しい気分と人生の奥深さがしっかりと描きこまれたこの曲を聴けば、その確かな才能を実感してもらえるはず。この曲を作ったのは、彼がまだ高校に通っていた頃。その瞬間について彼は、こんなふうに語る。
 「“An old woman waters the flower/I play the guitar and sing”という歌詞があるんですけど、それって目の前にあった風景なんですよ。祖母が花に水をやっていて、それを見ながら僕はギターを弾いてて。そういう毎日の繰り返しがじつは――(大切である)という歌ですね」


 そして彼は自らのソングライティングについて、「これは僕の個人的な考えですけど」と前置きしながら、さらに言葉を重ねる。
 「メロディが出来たときに考えていたこと、感じていたことをそのまま歌詞にするのが一番自然だし、曲にもマッチすると思うんです。〈Morning Sun〉も、そう。まさに晴れた土曜日の朝に書いた曲なので(笑)」

 軽やかにシンコペーションしていくピアノのフレーズを軸にしたアップ・チューン「ジョン・L・フライの嘘」、アコースティック・ギターの生々しいグルーヴが心地いい「Selfish」、憂いを帯びたメロディのなかに“システム(体制)”によって歪められる現代を映し出す「悲システム」(かなシステム)、爽やかなギター・ポップのなかで“なんてことない日常が 優劣でいっぱいさ”という真実を射抜く「素晴らしい」。アルバム『PHILOSOPHY』に収録された楽曲も、どこにも不自然なところはなく、まるでずっと以前から存在していたかのように、普遍的と呼ぶにふさわしい魅力を放つ。チャカ・カーンシカゴといったビッグネームの作品を手掛けてきたプロデューサー、トム・キーンによるオーガニックで立体的なサウンドメイクも充実している。
 「レコーディングはロサンゼルスだったんですけど、楽しかったですね、修学旅行みたいで(笑)。メロディにも歌詞にもサウンドにも“これが自分の哲学(PHILOSOPHY)”というものを込められたと思います。まだ19歳なので(音楽的な哲学が)完全に固まっているわけではないんですけど、いま、自分ができる表現はこういうものかなって」


 15歳のとき、親戚の叔母さんがゴミ捨て場で拾ってきたギターを貰い、オリジナル曲を作り始めたという清 竜人。それからわずか4年足らずで、彼はこんなにも強く、美しい音楽を奏でるに至った。「音楽を仕事と捉えるようになったら、アウトだと思うんですよね」と言う彼に、理想の音楽像について訊いてみると――。
 「難しいですね。たとえば“孫の歌が一番”っていうおばあさんもいるだろうし、好きなものは人それぞれなので。ただ、自分の音楽を聴いてくれた人の日常に、1%でも2%でもいいから“いい色”が加わってくれたら嬉しいですね。それくらいですね、いま思ってるのは」



取材・文/森 朋之(2009年2月)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015