特別企画 マーティ・フリードマンがJ-POPのヒット・ナンバーをカヴァー!〜特別インタビュー(動画インタビュー付き)

マーティ・フリードマン   2009/06/03掲載
はてなブックマークに追加
 元メガデスのギタリスト、マーティ・フリードマンが5月20日にJ-POPカヴァー・アルバム『TOKYO JUKEBOX』を発表した。

 J-POP評論家としても有名な彼による、いまだかつてないアレンジのカヴァーが楽しめる本作。

 選曲は、「爪爪爪」(マキシマム ザ ホルモン)、「GIFT」(Mr.Children)、「天城越え」(石川さゆり)、「Story」(AI)、「ポリリズム」(Perfume)、「帰りたくなったよ」(いきものがかり)、「TSUNAMI」(サザンオールスターズ)、「雪の華」(中島美嘉)、「駅」(竹内まりや)、「世界に一つだけの花」(SMAP)、「ロマンスの神様」(広瀬香美)、「明日への賛歌」(alan)とメジャーなJ-POP楽曲がズラリと並ぶ一枚だ。本作について話を訊いた。特別に撮影した動画インタビューも必見!




 マーティ・フリードマンによる、J-POPのカヴァー・アルバム『TOKYO JUKEBOX』。90年代を代表するヘヴィメタルのギタリストであり、最近ではJ-POP評論家としても知られる彼にとって本作は、まさに念願のアルバムだったに違いない。
 「テレビやラジオの企画で1曲だけカヴァーする、っていうことはあったんだけど、自分の好きな曲を好きなようにアレンジするのは無理だろうって思ってたんだよね。著作権のこととかも大変そうだし、好き勝手にカヴァーしたら(原曲を手掛けアーティストに)怒られるんじゃないかなって(笑)。“好きなようにアレンジしていいですよ”って言われたときは、“マジで? ホントにいいんですか?”って感じでした。ホントに大好きな曲ばかりだから、めちゃくちゃ楽しかったですね!」

 中島美嘉のバラード「雪の華」は派手なギター・アンサンブルを軸にしたヘヴィ・ロック・チューンになり、竹内まりやの名曲「駅」はスラッシュ・メタルへと変身。アレンジにあたって彼は「両極端のアレンジにしないと意味がない」と思っていたという。
 「まったく違うコンセプトでやらないと、“原曲を聴いてればいいじゃん”ってなっちゃうでしょう。一番難しかったのは〈ポリリズム〉(Perfume)。パッと聴いた感じはノリノリの曲なんだけど、メロディに変拍子が入ってるし、リズムはコードの構成も複雑なんですよ。この曲をナマのサウンドでアレンジできたことには、すごく達成感を感じます。レコーディングしてるときも“こんなギター・サウンドは聴いたことない!”って思いましたね」


 しかし、このアルバムは決して、彼のギターのテクニックをひけらかすためのものではない。中心にあるのは、あくまでも“歌”。J-POPを愛好してきた彼は、そのことを十分に理解しているのだ。特に「天城越え」(石川さゆり)における彼のギター・プレイは、“絶唱”と呼ぶに相応しい(このヴァージョンは、イチロー選手の打席テーマ曲としても使用された)。
 「石川さゆりさん、桑田さん(サザンオールスターズ「TSUNAMI」をカヴァー)、AIさん(「Story」をカヴァー)と、みなさん存在感のあるヴォーカリストばかり。そういう人たちと同じくらい、ギターで歌の感情を表現したいと思ってました。やっぱり、一番大事なのは歌ですからね」

 また、「ロマンスの神様」(広瀬香美)はマーティがJ-POPにのめりこむ入口となった曲だとか。
 「90年代の半ば、ツアーで日本に来たときにこの曲を聴いて、めちゃくちゃ驚いたんですよ。とにかく、(レコーディングに参加している)ミュージシャンのレベルが高い。こんなテクニックを持っている人たちが、“ボーイ・ミーツ・ガール”のキャピキャピしたポップスをやっていることに衝撃を受けたし、そのギャップが大好きだったんだよね。この曲がきっかけでJ-POPを深く知りたいと思うようになったし、日本に移ってくる理由の一つにもなってるね」

 「まだまだ、やりたい曲はいっぱいある」と言うマーティ。ぜひ、続編を期待したい。
 「アメリカでもリリースしたいと思ってるんですよ。J-POPの素晴らしさをアメリカ人にも伝えたいし、架け橋みたいな存在になれたらいいですね」



取材・文/森 朋之(2009年5月)





マーティ・フリードマン インタビュー動画

  
※画像をクリックすると動画がご覧になれます。
聞き手/森 朋之
■マーティ・フリードマン/オフィシャル・ファン・サイト
「MartyFan.com」

http://www.martyfan.com/
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015