気心の知れた仲間とNYで制作された くるり、8枚目のオリジナル・アルバム

くるり   2009/06/09掲載
はてなブックマークに追加
 昨年、ウィーン・アンバサーデ・オーケストラと共演した音源も収録されたライヴ・ベスト・アルバム『Philharmonic or die』をリリースした、くるり。そんな彼らが、オリジナル・アルバムとしてはウィーン・レコーディングの『ワルツを踊れ』以来、約2年ぶりとなるアルバム『魂のゆくえ』を6月10日にリリースする。本作には、「さよならリグレット」「愉快なピーナッツ」などのシングル曲を含む全13曲(ボーナス・トラックとして「三日月」も収録)が収録。初回限定盤には、“謎の板”(?)も付いてくる。本作について、彼らに話を訊いた。




 ウィーンから、NYへ。ライヴ・アルバムを挟んでリリースされる、くるりのスタジオ録音作はやはり海外で制作された。
 「前にも一緒に何回かやったことがあるエンジニアとやりたかったので、彼が住んでいるNYに行ったということですね。彼とまたやろうと思ったのは、もちろん人柄とか物事の進め方とか、実際のテクニカルなこととかあるんですけど、なんとなく勘で決めたという感じかな」 (岸田 繁/vo、g)

 ただし、今回は海外のミュージシャンとの協調はなし、気心の知れたサポート・メンバーとともに、録音している。
 「曲趣を汲み取った演奏を生々しく、ダイレクトに録るためには、そのほうががいいと思った。今作は格好をつけずにあるがままに、というものにしたかったんです」 (岸田)

 そんな発言に表われているように、まずは楽曲ありき。それを、等身大のバンド・サウンドのもと歌心に富むものとして具現しようというのが、新作がとる指針だ。実は、オーケストラ音との拮抗表現を求めるというはっきりしたコンセプトを持つがゆえに、前スタジオ作は自分の言葉をどうメロディに合わせるかということに非常に苦労したという。が、その経験を経て、「今作は曲作りの瞬間から言葉が出てきたものが多い」 (岸田)とのこと。なるほど、曲調と歌詞の雰囲気がとても合致している各曲に触れると、その発言もうなずける。
 「今までの中で一番音数が少ないアルバムでしょうね。やっていることはそんなに変わらないけど、今回は上手に弾こうとか全然なかったんですよ。その場その場で自分がどれだけ楽しめ、その曲に移入できるかという感じで、それがいい方向に出たと思います。バンドっぽいサウンドになったと言えばそれまでなんですけど。でも、それを必要としていた曲群が集められているので、こうなったんだと思う」 (佐藤征史/b)
 2008年に書きためたストックのなかから本能で曲を選び、録音は今年の2月から2ヵ月間に渡って行なわれた。スタジオに入るのは1日7時間までとし、2日録音したらその後の1日はリハーサルにあてるという健全なペースで、レコーディングは進められたという。
 「コンセプトや理想を作ってそれに近づけるのではなく、出たものに対してどう向き合うかということを今回してみたんです。そして、その作業を突き詰めていったら出てきた言葉が、"魂のゆくえ"というもの。今回の収穫があるとすれば、自分の根にある魂の存在というのを確認できたこと。その魂が言いたいことを音楽にしていくような気がするんです」 (岸田)
 そんな岸田の意図を汲み、今回は佐藤が曲順を組んだという。
 「曲を並べるのは大変じゃなかったです。今回、曲や歌詞が繁君のなかですごい嘘がない感じだったから。この曲があるからこの曲もあるというようなつながりをちゃんと感じることができたんですよ。で、〈魂のゆくえ〉という曲がアルバム・タイトルになるのもふさわしいと思えたし」 (佐藤)
 「今回、彼がプロデューサーに向いていると分かったのは収穫ですね。僕はただ和菓子を作りたいから、ばーっと作ってしまう。でも、彼はちゃんとそれが季節を表わしているという感じに並べてくれました」 (岸田)



取材・文/佐藤英輔(2009年5月)




“くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜”

くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:札幌
■6月6日(土) 札幌・Zepp Sapporo
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:仙台
■6月8日(月) 仙台・Zepp Sendai
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:東京(追加公演)
■6月10日(水) 東京・Zepp Tokyo
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:香川
■6月13日(土) 香川・高松オリーブホール
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:島根
■6月14日(日) 島根・松江ユーラス
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:広島
■6月16日(火) 広島・広島クラブクアトロ
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:福岡
■6月18日(木) 福岡・Zepp Fukuoka
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:東京
■6月22日(月) 東京・Zepp Tokyo
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:東京
■6月23日(火) 東京・Zepp Tokyo
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:東京
■6月24日(水) 東京・Zepp Tokyo
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:新潟
■6月27日(土) 新潟・新潟テルサ
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:名古屋
■6月29日(月) 名古屋・Zepp Nagoya
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:大阪
■7月1日(水) 大阪・Zepp Osaka
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:大阪
■7月2日(木) 大阪・Zepp Osaka
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:東京
■7月9日(木) 東京・日本武道館
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜:沖縄
■7月17日(金) 沖縄・ナムラホール


※詳しくはオフィシャル・サイト(http://kumakianri.com/)でご確認を。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015