ニュース

あの名曲をパンク・ヴァージョンで!『PUNK IT BEST』第2弾

2005/11/01掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 世に歌い継がれる数々の名曲を“パンク・ヴァージョン”で楽しめる『PUNK IT』シリーズ。7枚目となる最新作、ベスト・アルバム第2弾がいよいよ完成!『PUNK IT BEST』(TECI-24329 \2,520(税込) )は12月16日の発売です。もはや常連というより、大御所と呼んでも過言ではないパンクルズをはじめ、ダイナソーJR.キュアーのカヴァー)、ディー・ディー・ラモーン(メタリカのカヴァー)、ヴァイブレーターズAC/DCのカヴァー)、ザ・ハイ・ファイヴスソフト・セルのカヴァー)……などなど、各アーティスト/バンドのバックグラウンドや思い入れも透けて見える好面子&好選曲が嬉し! ぜひぜひお手元へ。

●V.A.『PUNK IT BEST』
(TECI-24329 \2,520(税込) )
1. マジカル・ミステリー・ツアー (Punkles)
2. マイ・ブレイブ・フェイス (SR-71)
3. 汚れなき愛 (Hi-Fives)
4. ジャスト・ライク・ヘブン (Dinasaur Jr.)
5. ジャンプ・イン・ザ・ファイアー (Dee Dee Ramone)
6. カッツ・ライク・ア・ナイフ (Four Square)
7. スメルズ・ライク・ア・ティーン・スピリット (Blanks77)
8. レディオ・レディオ (Marble Index)
9. バスケット・ケイス (Among All Tragedies)
10. ロッカー (Vibrators)
11. ルッキング・アット・ユー (Damned)
12. ホワイト・フラッグ (0 Eight 5 Teens)
...and more(全28曲収録予定)
続報
『PUNK IT BEST』第2弾、収録曲

V.A.『PUNK IT BEST』の収録曲が発表されました。詳細は以下。

※カッコ内はオリジナルのアーティスト

●The Dollyrots「Be My Baby」(ロネッツ)
●The Punkles「Help」(ビートルズ)
●SR-71「My Brave Face」(ポール・マッカートニー)
●Skin Of Tears「Suburbia」(ペット・ショップ・ボーイズ)
●Gwyllions「I Can Hear Music」(ビーチ・ボーイズ)
●The Wynona Riders「Kids in America」(キム・ワイルド)
●The Donnas「Living After Midnight」(ジューダス・プリースト)
●The Hi-Fives「Tainted Love」(ソフト・セル)
●0 Eight 5Teens「White Flag」(ダイド)
●The Marble Index「Radio Radio」(エルヴィス・コステロ)
●Turbonegro「Suffragette City」(デビッド・ボウイ)
●Dinosaur Jr.「Just Like Heaven」(キュアー)
●Turtlehead「Video Killed The Radiostar」(バグルズ)
●Vulture Culture「Take Me Home, Country Roads」(ジョン・デンバー)
●The Vibrators「Jumpin' Jack Flash」(ローリング・ストーンズ)
●The Weekend「Workin' For The Weekend」(ラバー・ボーイ)
●Scorefor「Moonlight Shadow」(マイク・オールドフィールド)
●The Mr T Experience duet with Kim from The Muffs
「Don't Go Breakin' My Heart」(エルトン・ジョン・ウィズ・キキ・ディー)
●SFH「The Boxer」(サイモン&ガーファンクル)
●Psycho Bunnies「Jolene」(オリビア・ニュートンジョン)
●The Donnas「Drive In」(ビーチ・ボーイズ)
●The Wall「Day Tripper」(ビートルズ)
●The Mr T Experience
「Is There Something I Should Know?」(デュラン・デュラン)
●In A Million「Karma Chameleon」(カルチャー・クラブ)
●Four Square「Cuts Like A Knife」(ブライアン・アダムス)
●0 Eight 5Teens「Easy Rider」(奥田民生)
[ 2005/11/22掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015