ニュース

元カーカスのJ.ウォーカー、初ソロを間もなくリリース

2005/11/21掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 “リヴァプールの残虐王”と呼ばれながらも、『ハートワーク』(写真・93年)でデス・メタルとメロディの融合をいち早く取り入れてみせた伝説のバンド、カーカス。そのベーシスト兼シンガーだったジェフ・ウォーカーが、ついにソロ・アルバムをリリースする模様です。

 ウォーカーはカーカス解散後、97年にブラックスター『バーブド・ワイヤー・ソウル』を発表したものの、その後は名前を聞く機会はあまりありませんでした。このたび、Fractured Transmitter Recordsと契約し、2006年の2月か3月にソロ・アルバム『Welcome To Carcass Cuntry』を発表するとのこと。その内容はなんと、ブルースやカントリーのカヴァー。カーカス時代の盟友、ケン・オーウェンやビル・スティアー(現ファイアバード)をはじめ、HIMのヴィレ・ヴァロ、アモルフィスのギター・コンビなどがゲスト参加している、とのウワサもあります。

 カーカスの音楽性とはかけ離れたブルースやカントリーのカヴァー。いったいどのような仕上がりになるのか、楽しみに待ちましょう。発売日などの詳細は判明次第お知らせします。
続報
元カーカス J.ウォーカーのソロ、発売延期
『Welcome To Carcass Cuntry』の発売が5月9日に延期となりました。
[ 2006/01/25掲載 ]
元カーカス J.ウォーカーのソロ、発売日&収録曲
1. 発売日が2006年3月14日と発表されました。
2. 収録曲が判明しました。

01. The Man Comes Around
02. I Cant Help It If I'm Still In Love With You
03. You're Still On My Mind
04. Sunday Morning Coming Down
05. Mississippi
06. I Just Dropped In To See What Condition My Condition Was In
07. I'm So Lonesome I Could Cry
08. Once A Day
09. The End Of The World
10. Rocky Mountain High
11. Keep On Rocking In The Free World
[ 2005/12/01掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015