ニュース

スマッシング・パンプキンズ、いよいよ復活か!? 【改訂版】

2006/01/20掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 昨年6月、地元シカゴの新聞に“スマッシング・パンプキンズの復活を熱望している”と新聞1ページすべてを使った全面広告を掲載した、ビリー・コーガン。前代未聞の行動として話題を集め、その後の動向が注目されていましたが、英音楽《NME》によれば、いよいよその夢が叶おうとしているようです。

 《NME》によれば、4月下旬に米カリフォルニア州で行なわれる“コーチェラ・ミュージック・フェスティバル”にて、スマッシング・パンプキンズの復活ライヴが行なわれる模様。復活ライヴは4月30日に開催される予定だと伝えており、また同フェス終了後には単独ツアーも行なわれるといった噂もあるとのこと。

 ……とはいえ、この《NME》情報、コーチェラ・ミュージック・フェスティバルのオフィシャル・フォーラムに投稿された、コーチェラ・フリークが制作した“偽ポスター”に掲載されたラインアップが元ネタなのでは?といった噂もあるので、真意のほどは不明。このポスターは、フリークたちが想像して楽しむために作ったものであり、投稿されたスレッドにも「This is not the real lineup」と書かれているニセモノです。

 まだ正式発表されていないのでなんとも言えませんが、昨年12月には“あなたたちが待ち受けている驚きは、まもなく発表されるでしょう”と自身のMySpaceページにて彼自身が予告していただけに、今回の情報が本当である可能性は一応あり。今後の情報にもご注目ください!

*当日に追加情報が入りましたので、文章の一部を改訂・追記しました。
続報
スマパン、コーチェラでの復活はなし
 さまざまな海外メディアで、コーチェラ・ミュージック・フェスティバルの主なラインアップが発表されましたが、残念ながらそこにスマッシング・パンプキンズの名はありませんでした。主宰元の社長は、とあるメディアのインタビューのなかで、彼らの出演を否定するコメントを発表しています。

 なおこれとは別に、今度は9月に行われるオルタナ系ロックフェスツアー“ロラパルーザ”に、スマッシング・パンプキンズが出演するのでは?といった噂が出始めているようです。さて、今度はどうでしょうかね?
[ 2006/02/01掲載 ]
スマパン復活話のその後
 ビリー・コーガンが“スマパン復活”の新聞広告を出したことで知られる、シカゴの新聞《The Chicago Tribune》のスタッフが、現在のビリー・コーガンの所属レコード会社“Reprise”のスタッフに、この噂について聞いたところ、“そんな話はない”と言われたとのこと。

 またこれとは別に、billycorgan.orgなるファン・サイトが先日立ち上がり、新しいスマッシング・パンプキンズの新作アルバムが“4月に出る”と掲載。“ゲスト・ヴォーカルにデス・キャブ・フォー・キューティーのベン・ギルバートが参加”とも書かれていますが、これも“イタズラ”なのでは?と海外では言われています。
[ 2006/01/31掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015