ニュース

傑作ロボット・アニメ『超電磁ロボ コン・バトラーV』がDVD-BOX化!

2006/03/03掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 「レッツ、コンバイン!」の掛け声とともに、5人の心がひとつになってはじめて5台のバトルマシンが合体可能となるスーパー・ロボット、コン・バトラーVで、地球征服を狙うキャンベル星人に敢然と立ち向かう、TVアニメ『超電磁ロボ コン・バトラーV』。合体ロボット・アニメのエポックメイキング的作品として知られるこの傑作が、ついに生誕30周年を記念して、全話完全収録のDVD-BOXとなって発売されます!

 『超電磁ロボ コン・バトラーV』は、1976年4月から翌年5月にかけてNET(現テレビ朝日)にて放映された作品。♪身長57メートル、体重550トンとエンディング・テーマでも歌われたスーパー・ロボット、コン・バトラーVは、“超電磁ヨーヨー”や“超電磁スピン”などの必殺技の数々で人気を集め、また放映当時、5台のメカがほぼ劇中通りに変形・合体する玩具も大ヒットを記録するなど、ロボット・アニメ史に残るキャラクターとして今でも人気に。また主人公サイドの描写だけでなく、敵側にもドラマ性を取り込むことにより、単なるロボットものとしてではなく、戦争の凄惨さや信じあうことの大切さといったメッセージ性を持つ作品としても人気を誇っています。

 今回発売されるDVD-BOX『超電磁ロボ コン・バトラーV DVD-BOX』(DSTD-02586 \56,700(税込))は放映された全54話をニュープリント・コンポーネントマスターでDVD9枚に完全収録。また1977年春の東映まんがまつりにて公開された劇場版『超電磁ロボ コン・バトラーV』(第30話のブローアップ)のほか、朝日ソノラマ・サウンド・コレクション、CMコレクション、海外版オープニング&エンディングの収録がそれぞれ予定されているボーナスDVDも付属される予定です。アニメーション・キャラクターを手掛けた安彦良和による描き下ろし豪華収納BOX仕様となる本作、発売は初回生産限定にて7月21日に予定されています。(写真は『テレビオリジナルBGMコレクション』

●DVD-BOX『超電磁ロボ コン・バトラーV DVD-BOX』(DSTD-02586 \56,700(税込))
≪内容(予定)≫
・安彦良和描き下ろし豪華収納BOX
・越智一描き下ろしデジスタッフ
・封入特典:解説書
・ニュープリント・コンポーネントマスター

≪ボーナスDVD≫
・'77春東映まんがまつり 超電磁ロボ コン・バトラーV(予定)
・朝日ソノラマ・サウンド・コレクション(予定)
・CMコレクション(予定)
・海外版オープニング&エンディング(予定)

≪ストーリー≫
先史以来、地底に潜んでいたキャンベル星人が地球侵略のための行動を開始した。これを予期していた南原博士は、超電磁の力で合体する巨大ロボ「コン・バトラーV」を建造。全国から4人の若者を集め、孫娘のちずるを含む「バトルチーム」を結成する。どれい獣との戦いの中、南原博士は命を落とし、四ッ谷博士がチームの指揮をとる。大将軍ガルーダの悲劇。そして新たな敵マグマ獣と、女帝ジャネラの出現。地球に平和を取り戻すまで、豹馬たちの戦いは続く……!!

≪スタッフ≫
・総監督:長浜忠夫
・原作:八手三郎
・アニメーションキャラクター:安彦良和
・メカニックデザイン:スタジオぬえ
・音楽:筒井広志

≪キャスト≫
・葵豹馬:三ツ矢雄二
・浪花十三:山田俊司(現 キートン山田
・西川大作:立壁和也(現 たてかべ和也
・南原ちずる:上田みゆき
・北小介:千々松幸子
・南原博士:納谷悟朗
・四ッ谷博士:富田耕生
・女帝オレアナ:野沢雅子
・ロペット:野沢雅子
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015