ニュース

ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツのトリビュート盤!F・ブラック、OK GO他

2006/06/14掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツのトリビュート盤!F・ブラック、OK GO他
 ユーモラスで、ちょっぴりシリアスなNYブルックリン出身の2人組、ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ。その2人が生んだ名曲の数々をカヴァーしたトリビュート・アルバム『Hello Radio: The Songs of They Might Be Giants』(写真)がリリースされることになりました!

 代表作のひとつ『フラッド』収録の「ロード・ムーヴィー・トゥ・ベルリン」をピクシーズフランク・ブラックがカヴァーしたのをはじめ、元ベン・フォールズ・ファイヴのドラマーによるHotel Lightsや、OK GOSelf、The Wrensなど、米インディーズ・シーンで活躍するアーティストたちが独自の解釈の元でアレンジしたカヴァー曲を全14曲収録。ひねりが利いた独特のポップ感覚を持つ各曲がどう生まれ変わったのか、ファンはお楽しみに! リリースは米国にて7月11日に予定されています。

『Hello Radio: The Songs of They Might Be Giants』
・They'll Need A Crane - The Wrens
・She's An Angel - Charles Douglas
・Ana Ng - Self
・The End Of The Tour - Hotel Lights (Darren Jessee of Ben Folds Five)
・Dead - Steve Burns
・Don't Let's Start - This Radiant Boy
・Boat Of Car - Recepter
・Dr. Worm - Jason Trachtenburg (of The Trachtenburg Family Slideshow Players)
・Another First Kiss - Brett Kull (of Echolyn)
・Narrow Your Eyes - David Miller
・Road Movie To Berlin - Frank Black
・It's Not My Birthday - Fluid Ounces
・Pet Name - The Long Winters
・Letterbox - OK Go
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015