ニュース

ディオを含むブラック・サバスが復活! ただし名義は……

2006/10/26掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ロニー・ジェイムス・ディオ(vo)、トニー・アイオミ(g)、ギーザー・バトラー(b)、ビル・ウォード(ds)というラインアップの復活が正式に発表され、2007年初頭からツアーを行なうことになりました。これはもちろん、ヘヴィ・メタル史上に残る傑作『ヘヴン・アンド・ヘル』(写真・80年)を制作した際のブラック・サバスと同じ編成。ただし今回の再結成ではサバスの名前は使わず、“Heaven and Hell”という名義で活動するとしています。

 このウワサは、サバスの新たなボックス・セットのためにロニーとトニーが新曲を作ることになったため、昨年から頻繁に囁かれていました。さらに、今年の9月末にはスペインのウェブ・マガジンが“再結成し、来年夏にいくつかのフェスティヴァルに出演する”との情報を掲載。その真偽に注目が集まることになります。今回の発表によると、複数のプロモーターからアプローチがあったことにより、真剣に再結成について話しはじめ、決定に至ったとのこと。ツアーの日程などはまだ発表されていませんが、ファンは来日公演の実現に期待しましょう。

 なお、オジー・オズボーン側はこの件に関して「ブラック・サバスとは無関係」とし、「ブラック・サバスはひとつだけ。オジー、トニー、ギーザーとビルは新しいブラック・サバスのアルバムを携えて、来年の終わりにツアーを行なう。しかしながら、オジーはロニーとトニーによるプロジェクトの大きな成功を祈っている」とのコメントを発表しています。
続報
ディオらの“Heaven and Hell”、B.ウォードは不参加
 『ヘヴン・アンド・ヘル』期のブラック・サバスと同じ編成で活動する、とされていたHeaven and Hellですが、ドラマーのビル・ウォードは参加しない模様。ビルが自身の公式HPで明らかにしたところによると、新曲のレコーディングにもツアーにも加わらないとのことで、“彼らの成功を祈る”というコメントを発表しています。どうやらドラムをプレイするのはヴィニー・アピスのようです。
[ 2006/11/27掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015