ニュース

トレヴァー・ホーンの音楽歴25周年記念ライヴがDVD化!ゲスト多数参加

2006/12/05掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
トレヴァー・ホーンの音楽歴25周年記念ライヴがDVD化!ゲスト多数参加
 名プロデューサー、トレヴァー・ホーンの音楽歴25周年を記念し、2004年11月に開催されたスペシャル・ライヴの模様を収めたDVDが日本でも発売されることになりました!

 以前にお伝えしたように、本ライヴには、ペット・ショップ・ボーイズシールアート・オブ・ノイズABCイエスベル・アンド・セバスチャンt.A.T.u.リサ・スタンスフィールドフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドら、彼に馴染みの深いアーティストが集結。それらアーティストをゲストに招き、バグルスの相棒ジェフ・タウンズやゴドレイ&クレームのロル・クレームらが参加したバック・バンドとともに、彼がプロデュースを手がけたヒット曲の数々を披露。久々にトレヴァー自身が歌ったバグルスの名曲「ラジオスターの悲劇(原題:Video Killed The Radio Star)」をはじめ、全23曲が収録されています。

 DVDはそのほか、ライヴ・ドキュメンタリーやフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの復活ドキュメンタリーを特典映像として追加。すでに海外では発売済(写真は海外盤のもの)のようですが、日本でも多くのファンを持つトレヴァー・ホーンなだけにファン待望の日本盤化と言えるのではないでしょうか? 『Produced by TREVOR HORN〜A Concert For Prince Trust』と題された日本盤(DEBR-13807 \3,990(税込))はジェネオン エンタテインメントより2007年2月7日に発売される予定です。


『Produced by TREVOR HORN〜A Concert For Prince Trust』(DEBR-13807 \3,990(税込))
01. Video Killed The Radio Star - Buggles
02. Living in the plastic age - Buggles
03. Give me back my heart - Dollar
04. Slave to the rhythm - Grace Jones
05. Poison arrow - ABC
06. All of my heart - ABC
07. Look of love - ABC
08. Close to the edit - Art Of Noise
09. Dr.Mabuse - Propaganda
10. Cinema - YES
11. Owner of a lonely heart - YES
12. I'm a cuckoo - Belle & Sebastion
13. Step into my office - Belle & Sebastion
14. Left to my own devices - Pet Shop Boys
15. It's alright - Pet Shop Boys
16. Takes a woman to know - Lisa Stansfield
17. All the things she said - taTu
18. Killer - Seal
19. Kiss from a rose - Seal
20. Crazy - Seal
21. Welcome to the pleasuredome - Frankie Goes to Hollywood
22. Two tribes - Frankie Goes to Hollywood
23. Relax - Frankie Goes to Hollywood

≪映像特典≫
・ライブ・ドキュメンタリー
・フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド 復活ドキュメンタリー
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015