ニュース

元フェアーグラウンド・アトラクションのエディ・リーダー、4年ぶりのソロ作を発表

2006/12/13掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ルーツ・ミュージックに根ざした、柔らかなアコースティック・サウンドで80年代に人気を博した、フェアーグラウンド・アトラクション。その元ヴォーカリスト、エディ・リーダーの最新ソロ・アルバム『ピースタイム(Peacetime)』が発売されます!

 ソロではトラッド・ソングのようにナチュラルな体温を感じさせる作品を作り続けている彼女。新作の発表は2003年作『ロバート・バーンズを想う(原題:Sings the Songs of Robert Burns)』以来のことで、英国トラッドのフィドル奏者として知られるジョン・マッカスカーをプロデューサーに起用しています。前作に引き続き、18世紀のスコットランドの詩人、ロバート・バーンズの作品を再び取り上げており、また長年の共作者Boo Hewerdineとの新曲も収録。発売は英ラフ・トレードからで(日本はビクター)、UK盤は2007年1月29日に、日本盤(VICP-63690 \2,520(税込))は1月24日にそれぞれ予定。なお、日本盤にはボーナス・トラックの追加も計画されています。ふくよかなサウンドにご注目を!
(写真はフェアーグラウンド・アトラクションの名作『ファースト・キッス』

●『ピースタイム(Peacetime)』
01. Baron Heir
02. Muddy Water
03. Mary and the Soldier
04. Aye Waukin-o
05. Prisons
06. The Shepherd Song
07. Ye Banks and Braes o Bonnie Doon
08. Should I Pray?
09. The Afton
10. Leezie Lindsay
11. Safe As Houses
12. Galileo
13. Peacetime
14. The Calton Weaver
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015