ニュース

XTC好き注目!A・パートリッジ×B・アンドリュースらの即興セッションがCD化

2007/01/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 XTCアンディ・パートリッジが、初期メンバーでもあったバリー・アンドリュースと元キング・スワンプのマーティン・バーカーと行なった即興セッションの模様を収めたCD2枚組のアルバム『Monstrance』を発表します!

 本作に収められる即興セッションは、英国スウィンドンにあるスタジオにて昨年11月に行なわれたもの。当日は8時間を超えるセッションが行なわれたようで、そのなかから厳選された即興演奏にオーヴァーダブを施しての収録となります。アルバムには全12曲が収められており、スポークスマン曰く“普通でないが、活気に満ちた”作品になっているとのこと。発売は米国盤のみが決定しており、Apehouse Records/Rykoから4月3日に予定されています。近年はデモ音源集の発売が多かったアンディ・パートリッジが久々に取り組んだ新作となるだけに、XTCファンなら注目です!
続報
XTCのA・パートリッジらの即興セッション、PV公開中
ダウンロード販売となる1stシングル「Winterwerk」のビデオ・クリップがコチラで公開中です。
[ 2007/03/22掲載 ]
(写真はXTCの『ホワイト・ミュージック』

『Monstrance』
≪ディスク1≫
01. i lovely cosmonaut
02. winterwerk
03. black swan black
04. mig
05. oodoo
06. ur tannoy
07. little field

≪ディスク2≫
01. pagoda tailfin
02. chain gang
03. torturetainment
04. the floating world
05. priapple
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015