ニュース

ヴァン・ヘイレンがついに再結成を正式発表

2007/02/05掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 以前からウワサされ、ツアーの契約も間近とされていたヴァン・ヘイレンの再結成ですが、2月2日付でついに正式発表されました。メンバーはエディ(g)とアレックス(ds)のヴァン・ヘイレン兄弟、ベーシストにはエディの息子であるウルフガング、そしてシンガーにはデヴィッド・リー・ロスを迎えており、今年の夏に40公演の北米ツアーを行なうとしています。

 熱望されていたデイヴの復帰はやはり楽しみ。エンターテインメント性に溢れたあのステージングで、ファンを堪能させてくれることでしょう。98年、新曲2曲を『グレイテスト・ヒッツ』に残したのみでデイヴと再び分裂したり、2004年のサミー・ヘイガーとの復活ツアーも途中で終了したりと、バンドには不安な“前科”もありますが、今度こそ来日公演を実現させてほしいものですね。なお、エディはこの再結成について「ヴァン・ヘイレンの“核”が戻ったことにとても興奮している」とコメント。不参加のマイケル・アンソニーは“核”ではなかったのか……と古くからのファンは複雑?
 ちなみに、海外では3月12日に新たなベスト・アルバム『Best Of』がリリースされる予定。正式な収録曲は判明していませんが、デイヴが在籍していた『1984』(写真・83年)までの初期作品群から選曲されることになっています。19曲収録とされていますが、新曲の追加はない模様です。
続報
V.ヘイレンのツアー延期関連情報、エディがリハビリへ
 このところまことしかやかに囁かれているヴァン・ヘイレンの再結成ツアー延期情報ですが、これに関連してエディ・ヴァン・ヘイレンがステイトメントを発表。それによると、今のままではベストを尽くせそうにないので、リハビリ施設に入ることを決意した、とのこと。ただ、かつて患った舌ガンによるものなのか、他の理由なのかは明らかにされていません。

 また、ヴァン・ヘイレンのツアーに問題が発生していることに関しては「いくらかは僕の能力の範囲内だが、いくつかはそうではない」と記しており、リハビリだけが支障になっている訳ではないことを示唆しています。全文は公式HPでご確認を。
[ 2007/03/09掲載 ]
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015