ニュース

ヴァン・ヘイレンがついに再結成を正式発表

2007/02/05掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 以前からウワサされ、ツアーの契約も間近とされていたヴァン・ヘイレンの再結成ですが、2月2日付でついに正式発表されました。メンバーはエディ(g)とアレックス(ds)のヴァン・ヘイレン兄弟、ベーシストにはエディの息子であるウルフガング、そしてシンガーにはデヴィッド・リー・ロスを迎えており、今年の夏に40公演の北米ツアーを行なうとしています。

 熱望されていたデイヴの復帰はやはり楽しみ。エンターテインメント性に溢れたあのステージングで、ファンを堪能させてくれることでしょう。98年、新曲2曲を『グレイテスト・ヒッツ』に残したのみでデイヴと再び分裂したり、2004年のサミー・ヘイガーとの復活ツアーも途中で終了したりと、バンドには不安な“前科”もありますが、今度こそ来日公演を実現させてほしいものですね。なお、エディはこの再結成について「ヴァン・ヘイレンの“核”が戻ったことにとても興奮している」とコメント。不参加のマイケル・アンソニーは“核”ではなかったのか……と古くからのファンは複雑?
 ちなみに、海外では3月12日に新たなベスト・アルバム『Best Of』がリリースされる予定。正式な収録曲は判明していませんが、デイヴが在籍していた『1984』(写真・83年)までの初期作品群から選曲されることになっています。19曲収録とされていますが、新曲の追加はない模様です。
続報
V.ヘイレンのツアー延期関連情報、エディがリハビリへ
 このところまことしかやかに囁かれているヴァン・ヘイレンの再結成ツアー延期情報ですが、これに関連してエディ・ヴァン・ヘイレンがステイトメントを発表。それによると、今のままではベストを尽くせそうにないので、リハビリ施設に入ることを決意した、とのこと。ただ、かつて患った舌ガンによるものなのか、他の理由なのかは明らかにされていません。

 また、ヴァン・ヘイレンのツアーに問題が発生していることに関しては「いくらかは僕の能力の範囲内だが、いくつかはそうではない」と記しており、リハビリだけが支障になっている訳ではないことを示唆しています。全文は公式HPでご確認を。
[ 2007/03/09掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015