ニュース

カーヴド・エアの初期3作が紙ジャケ化

2007/02/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 現在でもブリティッシュ・ロック・ファンから根強い支持を得ているカーヴド・エアの初期作品群が、紙ジャケット化されることになりました。リリースとなるのは、70年のデビュー作『エア・コンディショニング』(写真)、71年の『セカンド・アルバム』、72年の『ファンタスマゴリア―ある幻想的な風景―』の3作品。発売はいずれも4月25日の予定です。注目される仕様ですが、『エア・コンディショニング』はピクチャー・ディスクを、『セカンド・アルバム』は変形ポスター・ジャケットを再現。また、すべてのタイトルに日本盤LPの復刻帯も付属されることになっています。なお、ボーナス・トラックなどの追加は予定されていません。

 これらの作品群は、ソーニャ・クリスティーナ(vo)、フランシス・モンクマン(g)、ダリル・ウェイ(vn)という、中核を成すメンバーが揃っていた時期のもの。クラシックやトラッド・フォークを軸に、ウェイの縦横無尽かつ流麗なヴァイオリン、モンクマンのテクニカルなギター、クリスティーナの女性らしい美声によって作り上げられた、気品と英国らしさ溢れるサウンドでファンから特に人気の高いアルバムばかりです。未聴の方もこの機会にどうぞ。


<カーヴド・エア紙ジャケット・コレクション>
『エア・コンディショニング』 (70年/WPCR-12548 税込\2,600) ※ピクチャー・ディスク再現、日本盤帯再現
『セカンド・アルバム』 (71年/WPCR-12549 税込\2,600) ※変形ポスター・ジャケット再現、日本盤帯再現
『ファンタスマゴリア―ある幻想的な風景―』 (72年/WPCR-12550 税込\2,200) ※オリジナル・アートワーク再現、日本盤帯再現
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015