ニュース

TVアニメ『ふしぎの海のナディア』DVD-BOXが廉価で再発決定!

2007/02/08掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 庵野秀明樋口真嗣、貞本義行ら人気クリエイターたちが参加し、90年初頭にNHK総合で放映されたTVアニメ『ふしぎの海のナディア』。そのDVD-BOXが廉価盤として再発決定! 第20話までを収めた『ふしぎの海のナディア DVD-BOX I』(KIBA-91411〜5 \19,950(税込))が6月1日に、20話以降を収めた『ふしぎの海のナディア DVD-BOX II(仮)』(品番・価格未定)が10月に発売される予定です。

 『ふしぎの海のナディア』は1990年から翌91年にかけてNHK総合にて全39話を放映。ジュール・ヴェルヌによるSF小説『海底二万マイル』を原案とし、総監督を庵野秀明、監督を樋口真嗣、キャラクター・デザインを貞本義行が務めました。

 すでにDVD-BOXは2001年に発売されていましたが、今回は前回の\60,900(税込)から価格も下げての発売で、パッケージをスタイリッシュなハーフBOXに一新しています。第1弾では第1話から第20話までをDVD5枚に収め、さらに映像特典として「ナディアおまけ劇場」が各巻に1話ずつ収録。また封入特典として16ページのブックレットも予定されています。いままで購入を躊躇っていた方もこのチャンスを活用してみてはいかがでしょうか?
(写真は単品版DVD『ふしぎの海のナディア VOL.1』

『ふしぎの海のナディア DVD-BOX I』(KIBA-91411〜5 \19,950(税込))
≪ディスク1≫
「エッフェル塔の少女」「小さな逃亡者」「謎の大海獣」「万能潜水艦ノーチラス号」
≪ディスク2≫
「マリーの島」「孤島の要塞」「バベルの塔」「ナディア救出作戦」
≪ディスク3≫
「ネモの秘密」「グラタンの活躍」「ノーチラス号の新入生」「グランディスの初恋」
≪ディスク4≫
「走れ! マリー」「ディニクチスの谷」「ノーチラス最大の危機」「消えた大陸の秘密」
≪ディスク5≫
「ジャンの新発明」「ノーチラス対ノーチラス号」「ネモの親友」「ジャンの失敗」

≪映像特典≫
・ナディアおまけ劇場(各巻に1話ずつ)
≪封入特典≫
・16Pブックレット(予定)

●『ふしぎの海のナディア DVD-BOX II(仮)』(品番・価格未定)
内容未定。

≪ストーリー≫
西暦1889年、パリ万国博覧会中のエッフェル塔で、飛行機の発明を夢見るジャンは、サーカスの団員であるナディアと、ナディアの友達である赤ちゃんライオン、キングに出会う。彼女の持つ謎の宝石ブルーウォーターを狙うグランディス一味から逃げ、ナディアの故郷を目指す旅のなかで、悪の組織ネオアトラン(ネオアトランティス帝国)の首領ガーゴイルが占拠した島で生き残った少女、マリーと出会う。しかし、マリー、キング、ナディアの3人は、ガーゴイルに連れ去られてしまう。初めはブルーウォーターを狙っていたグランディス一味とともにナディアたちを助けるうち、ジャンは万能潜水艦ノーチラス号のネモ船長とガーゴイルとの戦いに巻き込まれていく。

≪スタッフ/キャスト≫
・製作総指揮:庵野秀明
・監督:樋口真嗣
・総作画監督:鈴木俊二
・キャラクターデザイン:貞本義行
・声の出演:鷹森淑乃日高のり子水谷優子滝沢久美子堀内賢雄桜井敏治大塚明夫井上喜久子清川元夢
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015