ニュース

前衛ジャズ・ギタリスト高柳昌行の70年代幻の音源が完全版で登場!

2007/03/01掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 1971年8月に成田空港建設反対闘争の“現場”三里塚で行なわれ、熱狂を巻き起こしたプロテスト・コンサート“幻野祭”。ロスト・アラーフ(灰野敬二)、頭脳警察ブルース・クリエイションといった日本のロック重要人物たちに加え、高柳昌行高木元輝、落合俊ら先鋭的フリー・ジャズ・アーティストも出演し、日本のロック/前衛ジャズ史に大きな足跡を残したといえるイベントです。その“幻野祭”での高柳昌行、森剣治、山崎弘による“高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート”の名演奏『ラ・グリマ(涙)』(写真・dmh-113 \2,310(税込))が音源化、3月11日に発売されます。2003年に『幻野・幻の野は現出したか〜'71日本幻野祭』というタイトルの実録DVD+2CDとして発売されましたが、その作品では演奏の冒頭部分(6分間)のみが収録されたという音源の完全版です。

 この音源には“ニュー・ジャズ”に対し、拒否反応をしめす当時の観客からの冷やかし、野次、嘲笑、ブーイングも収録。演奏中もさまざまな物がステージへと投げ込まれたという、血気盛んで生々しい現場の空気も残されています。そんな状況を無視し、切断するかのように激しく披露されていく高柳らによるおよそ42分にわたる演奏……“集団投射”の模様が収録されています。“ニュー・ジャズ”幻の名演奏というだけでなく、70年代日本の記録としても大きな意味を持つこの1枚、お見逃しなきよう。


2007年3月11日発売
高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート『ラ・グリマ(涙)』
dmh-113 \2,310(税込)
見開き紙ジャケット仕様
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015