ニュース

アンダーワールドとUNKLEが新レーベルと契約!新作を今年発表

2007/04/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 アンダーワールドUNKLEが日本地域での契約をTrafficと締結。ファン待望の新作アルバムを今年発表します。

 Trafficはテレビ東京ブロードバンドの出資によって2006年12月に設立された新レーベルで、4月11日に第1弾アルバムとして、ジャイルス・ピーターソン(Talkin' Loudほか)が発掘した新人ベン・ウェストビーチのアルバムが発表されます。

 それに続くアーティストとして、アンダーワールドとUNKLEが契約を締結し、アンダーワールドは今秋に、UNKLEは今年6月に、それぞれ新作アルバムを発表する予定です。約5年ぶりとなるアンダーワールドの新作、豪華ゲストを招いているとの噂のUNKLEの新作、ともにファンの期待も大きな作品だけに、今後はTrafficの名も広く浸透しそうです。なお、今回の締結を受け、アンダーワールドとUNKLEは以下のようなコメントを発表しています。(写真はアンダーワールド『ア・ハンドレッド・デイズ・オフ』

●カール・ハイド(アンダーワールド) :
「我々が長きにわたり共に仕事をしてきたレイ・ハーン氏と中村周市氏によって集められた才能豊かで経験豊富なチームから成るTrafficと契約することができたことを大変光栄に思っています。また、この新たなるエキサイティングな冒険に我々も参加出来ることをとても楽しみにしています。Trafficとともに『アンダーワールドの世界』(world of Underworld)のさらなる可能性を追求し日本のファンに届けること、僕とリックはそれが今から楽しみで仕方ありません。」

●ジェームス・ラヴェル(UNKLE):
「最高にクールなこの日本のレーベルからニュー・アルバムを発売できることをとても嬉しく思います。」
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015