ニュース

アンダーワールドとUNKLEが新レーベルと契約!新作を今年発表

2007/04/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 アンダーワールドUNKLEが日本地域での契約をTrafficと締結。ファン待望の新作アルバムを今年発表します。

 Trafficはテレビ東京ブロードバンドの出資によって2006年12月に設立された新レーベルで、4月11日に第1弾アルバムとして、ジャイルス・ピーターソン(Talkin' Loudほか)が発掘した新人ベン・ウェストビーチのアルバムが発表されます。

 それに続くアーティストとして、アンダーワールドとUNKLEが契約を締結し、アンダーワールドは今秋に、UNKLEは今年6月に、それぞれ新作アルバムを発表する予定です。約5年ぶりとなるアンダーワールドの新作、豪華ゲストを招いているとの噂のUNKLEの新作、ともにファンの期待も大きな作品だけに、今後はTrafficの名も広く浸透しそうです。なお、今回の締結を受け、アンダーワールドとUNKLEは以下のようなコメントを発表しています。(写真はアンダーワールド『ア・ハンドレッド・デイズ・オフ』

●カール・ハイド(アンダーワールド) :
「我々が長きにわたり共に仕事をしてきたレイ・ハーン氏と中村周市氏によって集められた才能豊かで経験豊富なチームから成るTrafficと契約することができたことを大変光栄に思っています。また、この新たなるエキサイティングな冒険に我々も参加出来ることをとても楽しみにしています。Trafficとともに『アンダーワールドの世界』(world of Underworld)のさらなる可能性を追求し日本のファンに届けること、僕とリックはそれが今から楽しみで仕方ありません。」

●ジェームス・ラヴェル(UNKLE):
「最高にクールなこの日本のレーベルからニュー・アルバムを発売できることをとても嬉しく思います。」
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015