ニュース

アンダーワールドとUNKLEが新レーベルと契約!新作を今年発表

2007/04/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 アンダーワールドUNKLEが日本地域での契約をTrafficと締結。ファン待望の新作アルバムを今年発表します。

 Trafficはテレビ東京ブロードバンドの出資によって2006年12月に設立された新レーベルで、4月11日に第1弾アルバムとして、ジャイルス・ピーターソン(Talkin' Loudほか)が発掘した新人ベン・ウェストビーチのアルバムが発表されます。

 それに続くアーティストとして、アンダーワールドとUNKLEが契約を締結し、アンダーワールドは今秋に、UNKLEは今年6月に、それぞれ新作アルバムを発表する予定です。約5年ぶりとなるアンダーワールドの新作、豪華ゲストを招いているとの噂のUNKLEの新作、ともにファンの期待も大きな作品だけに、今後はTrafficの名も広く浸透しそうです。なお、今回の締結を受け、アンダーワールドとUNKLEは以下のようなコメントを発表しています。(写真はアンダーワールド『ア・ハンドレッド・デイズ・オフ』

●カール・ハイド(アンダーワールド) :
「我々が長きにわたり共に仕事をしてきたレイ・ハーン氏と中村周市氏によって集められた才能豊かで経験豊富なチームから成るTrafficと契約することができたことを大変光栄に思っています。また、この新たなるエキサイティングな冒険に我々も参加出来ることをとても楽しみにしています。Trafficとともに『アンダーワールドの世界』(world of Underworld)のさらなる可能性を追求し日本のファンに届けること、僕とリックはそれが今から楽しみで仕方ありません。」

●ジェームス・ラヴェル(UNKLE):
「最高にクールなこの日本のレーベルからニュー・アルバムを発売できることをとても嬉しく思います。」
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015