ニュース

ウィンガー&ラットのジョイント日本公演が決定

2007/08/28掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ともに復活を果たした2組のバンド、ウィンガーラット(写真は代表作『情欲の炎』)がジョイント・ツアーを日本で行なうことになりました。11月5日の大阪・なんばHATCHにはじまり、東名阪と横浜での計4公演が発表されています。

 現在のウィンガーの編成は、キップ・ウィンガー(b,vo)、レブ・ビーチ(g)、ロッド・モーゲンステイン(ds)、ジョン・ロス(g)、センク・イログル(key)。一方、ラットはスティーヴン・パーシー(vo)、ウォーレン・デ・マルティーニ(g)、ボビー・ブロッツァー(ds)、ジョン・コラビ(g,vo/元モトリー・クルー)、ロビー・クレイン(b/元ヴィンス・ニール)。全盛期と多少のメンバーの違いはあれど(ラットはロビン・クロスビーの死去により、オリジナルの再編は不可能)、華やかなりしハード・ロックを愛するファンは期待してしまうのでは? 公演の詳細はクリエイティブマンまで。

<ウィンガー/ラット来日公演日程>
11月5日(月) 大阪・なんばHATCH
11月6日(火) 名古屋・CLUB DIAMOND HALL
11月8日(木) 東京・Shibuya O-EAST
11月9日(金) 神奈川・横浜BLITZ
料金:\7,800(税込・1ドリンク別)
問:クリエイティブマン
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015