ニュース

ウィンガー&ラットのジョイント日本公演が決定

2007/08/28掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ともに復活を果たした2組のバンド、ウィンガーラット(写真は代表作『情欲の炎』)がジョイント・ツアーを日本で行なうことになりました。11月5日の大阪・なんばHATCHにはじまり、東名阪と横浜での計4公演が発表されています。

 現在のウィンガーの編成は、キップ・ウィンガー(b,vo)、レブ・ビーチ(g)、ロッド・モーゲンステイン(ds)、ジョン・ロス(g)、センク・イログル(key)。一方、ラットはスティーヴン・パーシー(vo)、ウォーレン・デ・マルティーニ(g)、ボビー・ブロッツァー(ds)、ジョン・コラビ(g,vo/元モトリー・クルー)、ロビー・クレイン(b/元ヴィンス・ニール)。全盛期と多少のメンバーの違いはあれど(ラットはロビン・クロスビーの死去により、オリジナルの再編は不可能)、華やかなりしハード・ロックを愛するファンは期待してしまうのでは? 公演の詳細はクリエイティブマンまで。

<ウィンガー/ラット来日公演日程>
11月5日(月) 大阪・なんばHATCH
11月6日(火) 名古屋・CLUB DIAMOND HALL
11月8日(木) 東京・Shibuya O-EAST
11月9日(金) 神奈川・横浜BLITZ
料金:\7,800(税込・1ドリンク別)
問:クリエイティブマン
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015