ニュース

デイヴ・メニケッティ率いるY&T、12年ぶりの来日公演が決定

2008/01/29掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 名ギタリスト、デイヴ・メニケッティが率いる米国のハード・ロック・バンド、Y&Tの来日公演が決定しました。6月19日(木)の大阪・Shangri-La、20日(金)の名古屋・E.L.L.、21日(土)・22日(日)の川崎・CLUB CITTA'での公演が発表となっています。メニケッティはソロとして2003年に来日しているものの、バンドとしては実に12年ぶりの日本公演。オリジナル・メンバーはメニケッテッィとフィル・ケネモア(b)の2人のみとはいえ、日本のファンから根強い支持を得ている存在だけに期待が高まります。公演の詳細はクラブチッタまで。

 なお、彼らはオランダにて2007年に収録したライヴDVD『ライヴ〜ワン・ホット・ナイト』(写真)を2月20日に日本でも発売。名曲揃いのセット・リストになっており、来日公演の予習にはピッタリと思われますので、こちらもお忘れなく。

<Y&T来日公演日程>
6月19日(木) 大阪・Shangri-La
6月20日(金) 名古屋・E.L.L.
6月21日(土) 川崎・CLUB CITTA'
6月22日(日) 川崎・CLUB CITTA'
料金:6,500円(税込・オーダー別)
問:クラブチッタ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015