ニュース

梅津泰臣監督の新作OVA『KITE LIBERATOR』が発売

2008/02/29掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 気鋭のアニメーター、梅津泰臣が監督を手がけた新作OVA『KITE LIBERATOR』がDVD作品としてリリース!  ハピネットより3月21日に発売されます。

 『KITE LIBERATOR』は、女子高生と殺人請負人の二つの顔を持つ少女・砂羽を主人公にした『A KITE』の続編。約10年ぶりの続編となった本作では、砂羽が姿を消した数年後の世界に現れた、鮮やかにターゲットを始末する女子校生・百南花を中心に複雑なドラマが展開されます。今回も梅津監督らしい、切れ味あるアクションと複雑なドラマ構成でファンを魅せるアクション・エンタテインメント作品に仕上がっており、すでに第20回東京国際映画祭でもダイジェスト版が上映され話題を呼んでいます。

 DVDは、本編ディスクのみの通常盤(BIBA-7531 税込6,090円)と、特典ディスク付きの限定盤(BIBA-7532 税込8,190円)の2タイプ。本編ディスクには、梅津監督と、主人公・百南花の声を演じた井上麻里奈らによるオーディオコメンタリーも収め、また特典ディスクには、第20回東京国際映画祭で上映されたダイジェスト版のほか、同映画祭のドキュメンタリー映像、スタッフおよびキャストへのインタビューなどが映像特典として収録されます。さらに限定盤には、36ページのブックレットや絵コンテが封入特典として付属されます。

 ロブ・コーエンやクエンティン・タランティーノがファンであることを公言する梅津泰臣。その最新作をアナタもぜひお手元に!


●『KITE LIBERATOR』
通常盤(BIBA-7531 税込6,090円)
限定盤(BIBA-7532 税込8,190円)

≪あらすじ≫
前作『A KITE』で肉親の復讐を果たした殺し屋の砂羽は、忽然と姿を消して行方知れず…数年後、都会の闇に一人の少女が軽やかに舞う。死の天使は鮮やかな手口でターゲットを抹殺、再び闇の中へ消えて行った。ごく普通の高校生活を送る少女・百南花(もなか)。その地味で控え目な装いは彼女の一部分。表裏一体のもう一面……それが死の天使、百南花のもう一つの顔だった。彼女の知られざる過去と運命の皮肉に翻弄されながらも決して絶望しないその強さと同時にデリケートで繊細な彼女の心。その眼差しの先に見える未来は!?

≪特典:本編ディスク≫
・監督・キャスト(梅津泰臣,井上麻里菜,ヤスヒロ)オーディオコメンタリー /

≪特典:特典ディスク 限定盤のみ≫
・第20回東京国際映画祭ドキュメンタリー(ティーチイン)
・梅津監督インタビュー映像
・小山力也(野口折外役)インタビュー映像
・井上麻理奈(野口百南花役)インタビュー映像
・真堂圭(野口愛月役)インタビュー映像
・『カイト リベレイター』第20回東京国際映画祭上映ダイジェスト版

≪封入特典:限定盤のみ≫
・豪華特製ブックレット(36P)
・『カイト・リベレイター』本編絵コンテ台本

≪スタッフ≫
製作:鈴木径男 / 越中おさむ / 鈴木雅人 / ジョン・シラベラ
プロデューサー:楠原真理子 / 越中修 / 羽山陽子
監督・演出・脚本・キャラクターデザイン・作画監督・絵コンテ:梅津泰臣
美術監督:佐藤豪志 / 若松栄司
美術設定:平田秀一
撮影監督:菅原徹
色彩設定:中田亮大
音響監督:清水勝則
音響効果:神保大介
音楽:石川智久

≪声の出演≫
井上麻里奈小山力也佐藤せつじ乃村健次真堂圭森田成一麦人岡村明美ヤスヒロ

発売・販売元:株式会社ハピネット
(C)2008梅津泰臣/「KITE LIBERATOR」製作委員会/Fever Dreams LLC
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015