ニュース

シンプリー・レッドのミック・ハックネルが初ソロ作を発表!歴代作のコレクターズ・エディションも発売

2008/05/07 14:45掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 2009年のツアーをもって活動を終了すると2007年に発表したシンプリー・レッド。今後はソロ名義での活動となるフロントマンのミック・ハックネル(Mick Hucknall)が、早くも初のソロ・アルバム『Tribute To Bobby』を発表します!

 本作はその名の通り、ブルース・ヴォーカル界の至宝、ボビー“ブルー”ブランドに捧げたアルバムで、ゴスペル唱法とブルース、R&Bを結び付け、数々の名作を生んだボビー・ブランドの楽曲を取り上げています。アルバムは全12曲入り。CDに加え、レコーディング風景などを含めたドキュメンタリー映像入りDVDも付属されます。発売は英国にて5月19日を予定。彼のMySpaceページでは新曲試聴も可能となっていますので、気になる方は訪れてみては?

 またこれとは別に、6月にはシンプリー・レッドの作品群がコレクターズ・エディションとなって再発。対象となるのは、1st『ピクチャー・ブック(Picture Book)』(85年/写真)と、3rd『ニュー・フレイム(A New Flame)』(89年)の2タイトル。ともに最新デジタル・リマスタリングを施したオリジナル収録曲に、ライヴや12インチ・ミックスなどのレア音源をボーナス・トラックとして追加。またアルバム発表後に行なわれたライヴ・パフォーマンス映像を収めたボーナスDVDも付属されます。発売は2タイトルとも6月9日(英国)を予定。ファンならこちらもぜひ!


『Tribute To Bobby』
≪CD≫
01. Farther Up The Road
02. Ain't That Lovin' You
03. I'm Too Far Gone (To Turn Around)
04. Poverty
05. Yolanda
06. Stormy Monday Blues
07. I Wouldn't Treat A Dog (The Way You Treated Me)
08. I'll Take Care Of You
09. Chains Of Love
10. I Pity The Fool
11. Cry, Cry, Cry
12. Lead Me On

≪DVD≫
Documentary Filmed In Memphis, Tennessee In November 2007

●1st『ピクチャー・ブック(Picture Book)』
≪CD≫
01. Come To My Aid
02. Sad Old Red
03. Look At You Now
04. Heaven
05. Jericho
06. Money's Too Tight (To Mention)
07. Holding Back The Years
08. Open Up The Red Box
09. No Direction
10. Picture Book
11. Money's Too Tight To Mention (The Cutback Mix)
12. Come To My Aid (Survival Mix)
13. Holding Back The Years (12" Extended Mix)
14. Jericho (12" Extended Mix)
15. Open Up The Red Box (12" Extended Mix)

≪DVD:Montreux Jazz Festival 8th July 1986≫
・Granma's Hands
・Sad Old Red
・Open Up The Red Box
・The Right Thing
・No Direction
・I Won't Give Up
・Holding Back The Years
・Picture Book
・Love Fire
・Jericho
・I Won't Feel Bad
・Suffer
・Infidelity
・Money's Too Tight (To Mention)
・Come To My Aid
・Jericho (Instrumental) (Encore)
・Heaven
・Move On Out
・Look At You Now

●3rd『ニュー・フレイム(A New Flame)』
≪CD≫
01. It's Only Love
02. A New Flame
03. You've Got It
04. To Be With You
05. More
06. Turn It Up
07. Love Lays Its Tune
08. She'll Have To Go
09. If You Don't Know Me By Now
10. Enough
11. I Wish (Live/Australia)
12. X
13. The Great Divide (S.H.T.G.)
14. Sugar Daddy
15. Funk On Out

≪DVD:Live In Manchester In March 1990≫
・Granma's Hands
・More
・Groovy Situation
・Lady Godiva's Room
・Holding Back The Years
・Sad Old Red
・Enough
・Turn It Up
・Something Got Me Started
・If You Don't Know Me By Now
・It's Only Love
・Every Time We Say Goodbye
・Resume
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015