ニュース

キャンドルボックス、10年ぶりの復活作を発表

2008/05/07掲載(Last Update:08/06/23 15:33)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 マドンナが主宰(当時)したマヴェリック・レーベルよりデビューを飾ったことでも知られる、シアトル出身のオルタナ系バンド、キャンドルボックス(Candlebox)。活動休止期間を経て復活した彼らが、いよいよファン待望のニュー・アルバムを発表! 前作『ハッピー・ピルズ』以来、約10年ぶりとなるオリジナル・アルバムです。

 キャンドルボックスは、ケヴィン・マーティン(Vo)、スコット・マーケイド(Dr)、ピーター・クレット(G)、バーディ・マーティン(B)によって結成された4ピース・バンド。デビュー作『キャンドルボックス』(93年/写真)が400万枚のセールスを記録するなど高い人気を得ていましたが、2000年を最後に活動を停止していました。

 バンドは2006年になってオリジナル・メンバーの4人が再び集結して活動を再開! ベスト・アルバムの発表、ツアーの開催と順調な活動を歩んできましたが、いよいよ本格的な復活を告げるニュー・アルバム『Into the Sun』を発表! 完成までにベーシストの交代があったものの、ライフハウスベアネイキッド・レディースなどで知られるRon Anielloをプロデューサーに起用して制作されています。彼らのMySpaceページでは新曲試聴も可能となっていますので、復活に心弾むアナタなら訪れてみては? 発売は米国にて7月22日に予定されています。
続報
キャンドルボックスの復活作、曲目判明
未定であったトラックリストが判明! 再掲載いたしました。
[ 2008/06/23掲載 ]


●『Into the Sun』
1. Stand
2. Bitches Brewin
3. Surrendering
4. Into The Sun
5. Underneath It All
6. Miss You
7. How Does It Feel
8. A Kiss Before Dying
9. Breathe Me In (Intro)
10. Breathe Me In
11. Lover Come Back To Me
12. Consider Us
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』
[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』
[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)
[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015