ニュース

『Rooftop』が、6/3に東京・下北沢SHELTERで“感情を揺さぶる音”をテーマにイベントを開催!

2009/05/01 16:12掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 LOFT PROJECTが発行する音楽フリーペーパー『Rooftop』が主催するライヴ・イベント〈Rooftop presents affective sounds vol.1〉が、6月3日(水)に東京・下北沢SHELTERで行なわれます。

 タイトルにもなっている、“affective sounds=感情を揺さぶる音”をイベントのコンセプトとし、『Rooftop』がプッシュする3バンドが出演。エネルギーに溢れたパフォーマンスを魅せてくれるでしょう!

 出演は、楽曲の随所にちりばめられた美しいピアノの旋律で新しいロック・サウンドを展開しているpigstar。心を優しく包み込む魔法のウタを聴かせるplane。3人でしか出せない音にこだわりシンプル且つダイナミックな音楽を聴かせるNo Regret Life








 5月1日発行の『Rooftop』5月号には、3バンドのフロントマンによるスペシャル対談が掲載されています。ぜひお見逃しなく!(写真はpigstarのミニ・アルバム『ground 0』)


〈Rooftop presents affective sounds vol.1〉
●日時:2009年6月3日(水)
●開場/開演:19:00/19:30
●会場:東京・下北沢SHELTER
●出演:pigstar/plane/No Regret Life
●チケット:前売¥2,300/当日¥2,500(ドリンク代別)
※LAWSON(73554)発売中、下北沢SHELTER店頭 5月20日〜

●pigstar
http://www.pigstar.jp/

●plane
http://plane-jp.com/

●No Regret Life
http://www.noregretlife.com/
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015