ニュース

歌うキッチン“バレンタインソング”が話題に! ふかわりょうのコメントも

2011/01/26 14:50掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
歌うキッチン“バレンタインソング”が話題に! ふかわりょうのコメントも
 2007年から動画共有サイト(ニコニコ動画、YouTubeなど)へ、料理に関する映像や歌などを投稿、自身が作詞・作曲した親しみやすくユーモラスなBGMが話題を呼び、関連の料理動画は累計100万アクセスを超える異色のシンガー・ソングライター、歌うキッチン。第2弾配信シングルとして“究極のバレンタインソング”としても呼び声の高い「フォンダンショコラのうた」が配信スタート! バレンタインデーに近いということもあり、早くもネットで話題を呼んでいます!

 「フォンダンショコラのうた」は、料理動画と共に話題となり、作り方が動画でわかりやすく解説されているだけでなく、女心を表現した心温まる歌詞と、親しみやすいメロディがネット上で話題となっていましたが、配信と共に動画のアクセス数も急増!

 以前、楽曲をカヴァーしてから、親交の深い“ROCKETMAN”ことふかわりょうは「ポケットに手を入れたときのように、スィートで切ない声が心をほんのり温めてくれるのです。デビューおめでとう。いつまでもそのままで」とコメントを寄せており、アーティストからも注目を浴びている歌うキッチン。前回の曲のアレンジは、アニメ『さよなら絶望先生』のオープニング・テーマや、ももいろクローバー「ピンキージョーンズ」などを手掛けるNARASAKIが担当していましたが、今回のアレンジは音楽プロデューサーとして数多くのアーティストを手掛ける青柳誠、ギターは田中義人が担当とのこと。注目です!


オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015