ニュース

志人×スガダイロー、ダブルネーム・アルバム『詩種』発売! 9月には一夜限りのアルバム再現ライヴを開催

2012/08/03 17:38掲載
はてなブックマークに追加
志人×スガダイロー、ダブルネーム・アルバム『詩種』発売! 9月には一夜限りのアルバム再現ライヴを開催
 澱みなく溢れ出るリリックで森羅万象を描き、変幻自在のフロウで聴く者を詩的な物語へといざなうMC・志人降神 / Triune Gods)と、圧倒的な技巧に裏打ちされた、爆発的かつ理知的なプレイで一音ごとに破壊と創造を繰り返すフリー・ジャズ・ピアニスト・スガダイローが、コラボ・アルバム『詩種(うたたね)』を8月2日にリリースしました。

 ことの始まりは2010年秋。スガダイローが7組のアーティストと7夜連続で即興対決を繰り広げた<七夜連続七番勝負>を行ない、その初戦の相手となったのが志人でした。まったくの初対面同士が競い合い、お互いを高め合う驚異的なパフォーマンスは、YouTubeでも公開(youtu.be/Rvk5bdlfDjs)され、伝説的なライブとして語られています。

 そんな衝撃の邂逅から2年。両者の強烈な才気と個性が、大いなる物語を紡ぐ『詩種』は、ときにわらべ歌のように優しく懐かしく響き、ときに力強く神懸かり的なスピードで駆け抜けていく志人の詩(うた)。小川のせせらぎがいつしか激流となり、やがて大河のうねりを生むかのように展開していくスガダイローの即興演奏。二人が織りなす物語からは、豊かな自然に彩られた古きよき日本の情景が浮かび上がってきます。

 そんなアルバム発売を記念し、一夜限りの『詩種』完全再現ライヴの開催も決定! 9月20日(木)渋谷wwwにて行なわれます。何にも属さない真にオリジナルで創造的な音楽をぜひ生で体感してみてください!

<志人・スガダイロー ニュー・アルバム『詩種』一夜限りの完全再現ライヴ>
日時:2012年9月20日(木)開場 18:30 / 開演 19:00
会場:東京 渋谷 WWW
www-shibuya.jp/index.html
[出演]
志人、スガダイロー(p) / 東保 光(b) / 服部マサツグ(ds)
[チケット]
前売 3,300円 / 当日 3,500円(税込 / 別途ドリンク代)

※お問い合わせ:ベルベットサン velvetsunproducts@gmail.com
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015