ニュース

志人×スガダイロー、ダブルネーム・アルバム『詩種』発売! 9月には一夜限りのアルバム再現ライヴを開催

2012/08/03 17:38掲載
はてなブックマークに追加
志人×スガダイロー、ダブルネーム・アルバム『詩種』発売! 9月には一夜限りのアルバム再現ライヴを開催
 澱みなく溢れ出るリリックで森羅万象を描き、変幻自在のフロウで聴く者を詩的な物語へといざなうMC・志人降神 / Triune Gods)と、圧倒的な技巧に裏打ちされた、爆発的かつ理知的なプレイで一音ごとに破壊と創造を繰り返すフリー・ジャズ・ピアニスト・スガダイローが、コラボ・アルバム『詩種(うたたね)』を8月2日にリリースしました。

 ことの始まりは2010年秋。スガダイローが7組のアーティストと7夜連続で即興対決を繰り広げた<七夜連続七番勝負>を行ない、その初戦の相手となったのが志人でした。まったくの初対面同士が競い合い、お互いを高め合う驚異的なパフォーマンスは、YouTubeでも公開(youtu.be/Rvk5bdlfDjs)され、伝説的なライブとして語られています。

 そんな衝撃の邂逅から2年。両者の強烈な才気と個性が、大いなる物語を紡ぐ『詩種』は、ときにわらべ歌のように優しく懐かしく響き、ときに力強く神懸かり的なスピードで駆け抜けていく志人の詩(うた)。小川のせせらぎがいつしか激流となり、やがて大河のうねりを生むかのように展開していくスガダイローの即興演奏。二人が織りなす物語からは、豊かな自然に彩られた古きよき日本の情景が浮かび上がってきます。

 そんなアルバム発売を記念し、一夜限りの『詩種』完全再現ライヴの開催も決定! 9月20日(木)渋谷wwwにて行なわれます。何にも属さない真にオリジナルで創造的な音楽をぜひ生で体感してみてください!

<志人・スガダイロー ニュー・アルバム『詩種』一夜限りの完全再現ライヴ>
日時:2012年9月20日(木)開場 18:30 / 開演 19:00
会場:東京 渋谷 WWW
www-shibuya.jp/index.html
[出演]
志人、スガダイロー(p) / 東保 光(b) / 服部マサツグ(ds)
[チケット]
前売 3,300円 / 当日 3,500円(税込 / 別途ドリンク代)

※お問い合わせ:ベルベットサン velvetsunproducts@gmail.com
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015