ニュース

豊洲での3.11復興祈念音楽イベントに豪華アーティストが集結

2015/03/12 16:11掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
豊洲での3.11復興祈念音楽イベントに豪華アーティストが集結
 3月11日(水)、東京・豊洲のライヴハウス「豊洲PIT」にて、〈CINEMA MUSIC JAM for 東北 @豊洲PIT〉と題した3.11復興祈念特別イベントが開催されました。

 同イベントは、エンタテインメントを通じて東北の復興支援活動を続ける「一般社団法人チームスマイル」(toyosu-pit.team-smile.org)が、震災から4年目となるこの日に、音楽で人々の心をつないで東北に“チカラ”を届けようと、ジャンルを超えて広くアーティストに呼びかけ実現したもの。ヴォーカル&トランペットのTOKUをリーダーとするカルテットを中心に、小野リサ溝口 肇サラ・オレインジェイコブ・コーラーゴスペラーズらが映画音楽のセッションを展開。映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let it go」、『ニュー・シネマ・パラダイス』の主題曲「New Cinema Paradiso」など、計20曲が披露されました。

 最後に全員でサイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」を歌うと、会場を埋めた約1,000人の聴衆の心がひとつに。映画音楽ならではのロマンティックな世界の向こうに東北の人たちの穏やかな暮らしを思い、穏やかな幸福を願った一夜となりました。

 なお、本公演の模様は「WOWOWライブ」(www.wowow.co.jp/live_ch)にて3月31日(火)19:00より放送される予定となっています。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます
クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます


一般社団法人チームスマイル
toyosu-pit.team-smile.org
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015