ニュース

キャロル、DTBWBらのメンバーからなるBACA-BACCAがアルバムをリリース!レコ発イベントの開催も

2015/03/30 20:59掲載
はてなブックマークに追加
 キャロルダウン・タウン・ブギウギ・バンド宇崎竜童バンド、West Road Blues Bandといった伝説のバンドで活躍したメンバーが集ったスーパー・バンド、BACA-BACCAのアルバム『喜怒哀楽』が4月22日にリリースされます。

 長洲辰三(g, vo)、内海利勝(g, vo)、新井武士(b, vo)、松本照夫(ds, vo)という日本のロック・シーンを代表する4人が、その名のとおりバカバカしいほどにゴキゲンな大人のロックを奏でるBACA-BACCA。これまで全国を練り歩き大好評を得てきた彼らの待望の流通初作となる本作は、メンバーそれぞれがヴォーカルをとり、40年にもわたる豊富なキャリアで“喜怒哀楽”を表現した全編オリジナルの意欲作に仕上がっています。

 さらに、アルバムのリリースを記念したレコ発イベントの開催も決定。5月8日(金)の東京・原宿 CLOCODILEには“和製ビートルズ”の呼び声が高いgirl、5月28日(木)の神奈川・横浜 THUMBS UPにはヴィンテージ・ロックをソウルフルに昇華させたはいからさんと期待の若手バンドをオープニング・アクトに迎え、新旧の共演で熟練の技とさらなる進化を披露する注目のイベントとなっています。レーベル限定の来場者特典も用意されているとのことなので、是非とも足を運んでみてください。

■2015年4月22日(水)発売
BACA-BACCA
『喜怒哀楽』

エアプレーンレーベル AP-1058 2,500円 + 税

[収録曲]
01. カンサツシテ〜!
02. バンドマン
03. Rainy Day
04. Parallel Blues
05. Ah, Matter Ah, More
06. Only My Song
07. Lazy Afternoon
08. 君が欲しいなら
09. Road to Nowhere
10. Gi-in Gi-in
11. Nageki 2

Airplane Label presents vol.003
BACABACCA『喜怒哀楽』レコ発LIVE at CROCODILE

2015年5月8日(金)
東京 原宿 CLOCODILE
OA: girl
開場 18:00 / 開演 19:30
前売 3,000円 / 当日 3,500円(税込)

Airplane Label presents vol.004
BACABACCA『喜怒哀楽』レコ発LIVE at THUMBS UP

2015年5月28日(木)
神奈川 横浜 THUMBS UP
OA: はいからさん
開場 18:30 / 開演 19:30
前売り 3,000円 / 当日 3,500円(税込)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015