ニュース

黒沢健一、ホッピー神山、岡井大ニの3名が新バンド結成!!

2004/05/14掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 CCCD問題や、輸入盤規制反対をメディアに訴え続けている“NOと言える音楽評論家”萩原健太と共に、ブライアン・ウィルソンとポール・マッカートニーの曲をギター1本でカヴァーするユニット“健’z”(写真は『健’z』)など、最近は良い意味で、趣味に根ざしたマニア・ライクな音楽をこっそり届けてくれる、黒沢健一。現在は様々なユニットを抱えている彼ですが、さらに強力な新バンドが結成されました!! その名も“SCIENCE MINISTRY(サイエンス・ミニストリー)”!! メンバーは黒沢健一、ホッピー神山、岡井大ニの3名。それぞれが、“L-R”“PINK”“四人囃子”という、邦楽シーンに強烈な個性を刻み付けたバンド出身者なだけに、一体どんなサウンドになっているのか興味津々!! 細野晴臣よりレーベル名を授かった“THINK SYNC RECORDS”より6月30日に発売される予定のデビュー・アルバム『猿の記憶』(DDCZ-1056 \2,625(税込))で、その全貌が明らかになるはず!! いやはや、楽しみ。

 なお、同バンドは、アルバム発売後は“THINK SYNC RECORDS”初のライヴ・イベントとして企画されている“THINK SYNC TOUR”にも出演が決定しています!! イベントは他にも、ピコピコ・キュートなプチテクノでお馴染み、小鳥と歌うテクノ姫“村上ユカ”や、詩心溢れる文系テクノ・ポップを提供する“スノーモービルズ”など、なかなか素敵なミュージシャンが揃っていますので、ぜひとも足を運んでみてはいかがでしょう?

≪THINK SYNC TOUR≫
【日時】2004年7月27日
【場所】渋谷クアトロ
【チケット】前売:\3,500(税込) 当日:\4,000(税込)
*イベントの詳細、チケットの予約はシンクシンクインテグラルの公式HPにて
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015