ニュース

チャーリー・ヘイデンとゴンサロ・ルバルカバが東京で行なったライヴがCD化

2015/07/01 15:30掲載
はてなブックマークに追加
 昨年逝去したベーシスト、チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)がキューバ出身の名ピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバ(Gonzalo Rubalcaba)と行なった、2005年3月に行われた東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOでの公演がCD化され、『トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京』(UCCI-1021 2,600円 + 税)として蘇りました。

 ルバルカバが世に出るきっかけとなったのは、1990年の〈モントルー・ジャズ・フェスティヴァル〉でヘイデンと共演したことでした。このアルバムではヘイデンの愛奏曲を中心にルバルカバのオリジナルも収録。ふたりの深い絆を感じさせる、静謐で瑞々しいデュオ・パフォーマンスが永久保存されています。

 ヘイデンの作品は昨年だけでもECMよりキース・ジャレットとの『ラストダンス』、インパルスからは故ジム・ホールとの『チャーリー・ヘイデン&ジム・ホール』がリリースされており、改めて“デュオの名手”を証明。今作もヘイデンが得意としたデュオ・ライヴ、さらに日本公演の音源ということで、ファンにとってはより思い入れの強い、遺言のようなアルバムです。

■2015年7月1日(水)発売
チャーリー・ヘイデン & ゴンサロ・ルバルカバ
『トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京』

UCCI-1021 2,600円 + 税

[収録曲]
01. EN LA ORILLA DEL MUNDO(THE EDGE OF THE WORLD)
02. MY LOVE AND I
03. WHEN WILL THE BLUES LEAVE
04. SANDINO
05. SOLAMENTE UNA VEZ(YOU BELONG TO MY HEART)
06. TRANSPARENCE

[演奏]
チャーリー・ヘイデン(b)
ゴンサロ・ルバルカバ(p)


 
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo
[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?
[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』
[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ![インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015