ニュース

チャーリー・ヘイデンとゴンサロ・ルバルカバが東京で行なったライヴがCD化

2015/07/01 15:30掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 昨年逝去したベーシスト、チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)がキューバ出身の名ピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバ(Gonzalo Rubalcaba)と行なった、2005年3月に行われた東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOでの公演がCD化され、『トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京』(UCCI-1021 2,600円 + 税)として蘇りました。

 ルバルカバが世に出るきっかけとなったのは、1990年の〈モントルー・ジャズ・フェスティヴァル〉でヘイデンと共演したことでした。このアルバムではヘイデンの愛奏曲を中心にルバルカバのオリジナルも収録。ふたりの深い絆を感じさせる、静謐で瑞々しいデュオ・パフォーマンスが永久保存されています。

 ヘイデンの作品は昨年だけでもECMよりキース・ジャレットとの『ラストダンス』、インパルスからは故ジム・ホールとの『チャーリー・ヘイデン&ジム・ホール』がリリースされており、改めて“デュオの名手”を証明。今作もヘイデンが得意としたデュオ・ライヴ、さらに日本公演の音源ということで、ファンにとってはより思い入れの強い、遺言のようなアルバムです。

■2015年7月1日(水)発売
チャーリー・ヘイデン & ゴンサロ・ルバルカバ
『トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京』

UCCI-1021 2,600円 + 税

[収録曲]
01. EN LA ORILLA DEL MUNDO(THE EDGE OF THE WORLD)
02. MY LOVE AND I
03. WHEN WILL THE BLUES LEAVE
04. SANDINO
05. SOLAMENTE UNA VEZ(YOU BELONG TO MY HEART)
06. TRANSPARENCE

[演奏]
チャーリー・ヘイデン(b)
ゴンサロ・ルバルカバ(p)


 
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』
[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』
[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)
[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015