ニュース

チャーリー・ヘイデンとゴンサロ・ルバルカバが東京で行なったライヴがCD化

2015/07/01 15:30掲載
はてなブックマークに追加
 昨年逝去したベーシスト、チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)がキューバ出身の名ピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバ(Gonzalo Rubalcaba)と行なった、2005年3月に行われた東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOでの公演がCD化され、『トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京』(UCCI-1021 2,600円 + 税)として蘇りました。

 ルバルカバが世に出るきっかけとなったのは、1990年の〈モントルー・ジャズ・フェスティヴァル〉でヘイデンと共演したことでした。このアルバムではヘイデンの愛奏曲を中心にルバルカバのオリジナルも収録。ふたりの深い絆を感じさせる、静謐で瑞々しいデュオ・パフォーマンスが永久保存されています。

 ヘイデンの作品は昨年だけでもECMよりキース・ジャレットとの『ラストダンス』、インパルスからは故ジム・ホールとの『チャーリー・ヘイデン&ジム・ホール』がリリースされており、改めて“デュオの名手”を証明。今作もヘイデンが得意としたデュオ・ライヴ、さらに日本公演の音源ということで、ファンにとってはより思い入れの強い、遺言のようなアルバムです。

■2015年7月1日(水)発売
チャーリー・ヘイデン & ゴンサロ・ルバルカバ
『トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京』

UCCI-1021 2,600円 + 税

[収録曲]
01. EN LA ORILLA DEL MUNDO(THE EDGE OF THE WORLD)
02. MY LOVE AND I
03. WHEN WILL THE BLUES LEAVE
04. SANDINO
05. SOLAMENTE UNA VEZ(YOU BELONG TO MY HEART)
06. TRANSPARENCE

[演奏]
チャーリー・ヘイデン(b)
ゴンサロ・ルバルカバ(p)


 
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015