ニュース

CSRがPCM社製スタジオモニタースピーカーの販売を開始

2016/02/26 16:18掲載
はてなブックマークに追加
CSRがPCM社製スタジオモニタースピーカーの販売を開始
 業務用無線機をはじめ音響製品やオーディオ機器などをてがける「株式会社CSR」が、スタジオモニタースピーカーとして世界的なシェアを誇る英国「PCM」社と日本国内でのコンシューマー向けスピーカーの販売代理契約を締結。3月下旬より販売を開始します。

 今回販売するラインナップは、業務用リファレンススピーカーをコンシューマー向けにリファインしたスペシャル・エディション(SE)の「SEシリーズ」3機種をはじめ、コンシューマーモデル発売20周年を記念した「twentyシリーズ」5機種、ホームユースに焦点を当てた「factシリーズ」2機種のほかエントリーモデル「DB1 GOLD」(写真)を加えた全11機種。ともにPCMスピーカーに共通するエンクロージャー構造技術である“ATL(Advabcrd Transmission Line)”の採用で、明瞭な解像度と豊かな低域再生を実現。スタジオモニターならではの均等な周波数レスポンスと高い効率性によりどんなアンプにも対応が可能となっています。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます


PCM

[SEシリーズ]
「BB5-SE」5,800,000円
「MB2-SE」3,700,000円
「IB2-SE」3,00,000円

※仕上げカラー:ローズ・マッカサル、リッチ・マッカサル

[twentyシリーズ]
「twenty26」1,200,000円(国内新規取り扱いモデル)
「twenty24」700,000円
「twenty23」480,000円
「twenty22」410,000円
「twenty21」310,000円

※仕上げカラー:ダイヤモンドブラック、オーク、ウォールナット、アマローネ

[factシリーズ]
「fact.8」1,100,000円
「fact.3」830,000円

※仕上げカラー:リッチウォールナット、グラファイトポプラ、タイガーエボニー

[エントリーモデル]
「DB1 GOLD」210,000円
※仕上げカラー:シルクブラック
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015