ニュース

元ダブスターのVo.とA・マッギーの妻によるエレポップ・ユニット新作!

2004/08/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 打ち込みによるリズムとはかなげな女性ヴォーカリストが絡む、浮遊感漂うデジタル・サウンドが魅力のUKエレポップ・ユニット、ダブスター。その同ユニットの看板娘といえるヴォーカルのサラ・ブラックウッドが、あのアラン・マッギーの妻であり、またポップトーンズからエレポップ・ユニット、テクニークとして作品を発表したこともある、ケイト・ホルムスと共に組んだエレポップ・ユニットといえば“Client”のこと。すでに昨年8月に、デペッシュ・モードのアンドリュー・フレッチャーのToast Hawaiiレーベルからデビュー作『Client』を発表し、世のエレポップ好きを唸らせていた彼女たちですが、そんな彼女たちのニュー・アルバム『City』が早くも完成した模様です!

 アルバムには、なにかと話題を振りまいているリバティーンズのピーター・ドハーティを始め、同じリバティーンズのカール・バラーや、デペッシュ・モードのマーティン・ゴアらが参加。さらにプロデューサーには、かつてトリップ・ホップの新星として騒がれたスニーカー・ピンプスのJoe Wilsonがメンバーと共に起用されているそうです。ダブスター、テクニーク、スニーカー・ピンプス…と、90年代以降に登場した女性ヴォーカルもののエレポップを集結したような本作。同路線を好む方なら必聴ですよ! リリースは現在までのところ、9月27日(UK)を予定しています。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015