ニュース

元ダブスターのVo.とA・マッギーの妻によるエレポップ・ユニット新作!

2004/08/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 打ち込みによるリズムとはかなげな女性ヴォーカリストが絡む、浮遊感漂うデジタル・サウンドが魅力のUKエレポップ・ユニット、ダブスター。その同ユニットの看板娘といえるヴォーカルのサラ・ブラックウッドが、あのアラン・マッギーの妻であり、またポップトーンズからエレポップ・ユニット、テクニークとして作品を発表したこともある、ケイト・ホルムスと共に組んだエレポップ・ユニットといえば“Client”のこと。すでに昨年8月に、デペッシュ・モードのアンドリュー・フレッチャーのToast Hawaiiレーベルからデビュー作『Client』を発表し、世のエレポップ好きを唸らせていた彼女たちですが、そんな彼女たちのニュー・アルバム『City』が早くも完成した模様です!

 アルバムには、なにかと話題を振りまいているリバティーンズのピーター・ドハーティを始め、同じリバティーンズのカール・バラーや、デペッシュ・モードのマーティン・ゴアらが参加。さらにプロデューサーには、かつてトリップ・ホップの新星として騒がれたスニーカー・ピンプスのJoe Wilsonがメンバーと共に起用されているそうです。ダブスター、テクニーク、スニーカー・ピンプス…と、90年代以降に登場した女性ヴォーカルもののエレポップを集結したような本作。同路線を好む方なら必聴ですよ! リリースは現在までのところ、9月27日(UK)を予定しています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015