ニュース

“ぼくたちのいるところ。”、初期曲を再録したアルバム発売 レコ発には泯比沙子+ナスカ・カーら出演

ぼくたちのいるところ。   2017/01/25 20:11掲載
はてなブックマークに追加
“ぼくたちのいるところ。”、初期曲を再録したアルバム発売 レコ発には泯比沙子+ナスカ・カーら出演
 人生ダメ子(vo)を中心に、ノンジャンルなサウンドを構築する大阪発“メンタルぶっ壊し系”バンド“ぼくたちのいるところ。”が1月27日(金)にアルバム『ぼくいる。』(bokuiru-003 3,000円 + 税)をリリースすることが決定。

 オシリペンペンズより石井モタコ・中林キララが参加した昨年リリースの前作『ごみ』に続く全国流通第3弾となる本作は、現メンバーが初期の楽曲をリアレンジして再録音。ベスト盤的な内容となっているほか、新曲「ウルトラ躁」「絶望依存症」も収録しています。

 リリース当日の1月27日には、東京・東高円寺 U.F.O CLUBにて発売記念企画〈CD売れたらこんなバイト辞めてやんよ!〉を開催。昨年発表されたコラボレート盤『Love & War Now!』が好評の泯比沙子 + ナスカ・カーのほか、福島県出身のラッパー・狐火らが出演。併せて、2月5日(日)にはディスクユニオン大阪店にてインストア・ライヴを行なうことも決定しています。

拡大表示


■2017年1月27日(金)発売
ぼくたちのいるところ。
『ぼくいる。』

bokuiru-003 3,000円 + 税

[収録曲]
01. ダンボール彼女
02. メンヘラきらいしね
03. さよならバイバイ
04. あいのあな
05. 産まれて来たのが
06. 神様が見える僕の話
07. ねこになりたいにゃ
08. 僕の頭にツノ生えた
09. くそみたいな世界
10. 今日も待ってない
11. 人生ダメ子のテーマ
12. ウルトラ躁
13. 気休めのプロローグ
14. ニートは今日も死にたがる

ぼくたちのいるところ。レコ発企画
「CD売れたらこんなバイト辞めてやんよ!」

2017年1月27日(金)
東京 東高円寺 U.F.O CLUB
開場 18:00 / 開演 18:30
adv. 2,000円 / door. 2,500円(共にdrink別)

[出演]
ぼくたちのいるところ。
泯比沙子+ナスカ・カー
工藤ちゃんのピンクローターズ
ビル
狐火
艶街

ぼくたちのいるところ。インストア・ライヴ
ディスクユニオン大阪店
2017年2月5日(日)
19:00〜19:30頃
入場無料

[イベント特典]
無料チェキ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015