ニュース

“ぼくたちのいるところ。”、初期曲を再録したアルバム発売 レコ発には泯比沙子+ナスカ・カーら出演

ぼくたちのいるところ。   2017/01/25 20:11掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
“ぼくたちのいるところ。”、初期曲を再録したアルバム発売 レコ発には泯比沙子+ナスカ・カーら出演
 人生ダメ子(vo)を中心に、ノンジャンルなサウンドを構築する大阪発“メンタルぶっ壊し系”バンド“ぼくたちのいるところ。”が1月27日(金)にアルバム『ぼくいる。』(bokuiru-003 3,000円 + 税)をリリースすることが決定。

 オシリペンペンズより石井モタコ・中林キララが参加した昨年リリースの前作『ごみ』に続く全国流通第3弾となる本作は、現メンバーが初期の楽曲をリアレンジして再録音。ベスト盤的な内容となっているほか、新曲「ウルトラ躁」「絶望依存症」も収録しています。

 リリース当日の1月27日には、東京・東高円寺 U.F.O CLUBにて発売記念企画〈CD売れたらこんなバイト辞めてやんよ!〉を開催。昨年発表されたコラボレート盤『Love & War Now!』が好評の泯比沙子 + ナスカ・カーのほか、福島県出身のラッパー・狐火らが出演。併せて、2月5日(日)にはディスクユニオン大阪店にてインストア・ライヴを行なうことも決定しています。

拡大表示


■2017年1月27日(金)発売
ぼくたちのいるところ。
『ぼくいる。』

bokuiru-003 3,000円 + 税

[収録曲]
01. ダンボール彼女
02. メンヘラきらいしね
03. さよならバイバイ
04. あいのあな
05. 産まれて来たのが
06. 神様が見える僕の話
07. ねこになりたいにゃ
08. 僕の頭にツノ生えた
09. くそみたいな世界
10. 今日も待ってない
11. 人生ダメ子のテーマ
12. ウルトラ躁
13. 気休めのプロローグ
14. ニートは今日も死にたがる

ぼくたちのいるところ。レコ発企画
「CD売れたらこんなバイト辞めてやんよ!」

2017年1月27日(金)
東京 東高円寺 U.F.O CLUB
開場 18:00 / 開演 18:30
adv. 2,000円 / door. 2,500円(共にdrink別)

[出演]
ぼくたちのいるところ。
泯比沙子+ナスカ・カー
工藤ちゃんのピンクローターズ
ビル
狐火
艶街

ぼくたちのいるところ。インストア・ライヴ
ディスクユニオン大阪店
2017年2月5日(日)
19:00〜19:30頃
入場無料

[イベント特典]
無料チェキ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015