ニュース

“ぼくたちのいるところ。”、初期曲を再録したアルバム発売 レコ発には泯比沙子+ナスカ・カーら出演

ぼくたちのいるところ。   2017/01/25 20:11掲載
はてなブックマークに追加
“ぼくたちのいるところ。”、初期曲を再録したアルバム発売 レコ発には泯比沙子+ナスカ・カーら出演
 人生ダメ子(vo)を中心に、ノンジャンルなサウンドを構築する大阪発“メンタルぶっ壊し系”バンド“ぼくたちのいるところ。”が1月27日(金)にアルバム『ぼくいる。』(bokuiru-003 3,000円 + 税)をリリースすることが決定。

 オシリペンペンズより石井モタコ・中林キララが参加した昨年リリースの前作『ごみ』に続く全国流通第3弾となる本作は、現メンバーが初期の楽曲をリアレンジして再録音。ベスト盤的な内容となっているほか、新曲「ウルトラ躁」「絶望依存症」も収録しています。

 リリース当日の1月27日には、東京・東高円寺 U.F.O CLUBにて発売記念企画〈CD売れたらこんなバイト辞めてやんよ!〉を開催。昨年発表されたコラボレート盤『Love & War Now!』が好評の泯比沙子 + ナスカ・カーのほか、福島県出身のラッパー・狐火らが出演。併せて、2月5日(日)にはディスクユニオン大阪店にてインストア・ライヴを行なうことも決定しています。

拡大表示


■2017年1月27日(金)発売
ぼくたちのいるところ。
『ぼくいる。』

bokuiru-003 3,000円 + 税

[収録曲]
01. ダンボール彼女
02. メンヘラきらいしね
03. さよならバイバイ
04. あいのあな
05. 産まれて来たのが
06. 神様が見える僕の話
07. ねこになりたいにゃ
08. 僕の頭にツノ生えた
09. くそみたいな世界
10. 今日も待ってない
11. 人生ダメ子のテーマ
12. ウルトラ躁
13. 気休めのプロローグ
14. ニートは今日も死にたがる

ぼくたちのいるところ。レコ発企画
「CD売れたらこんなバイト辞めてやんよ!」

2017年1月27日(金)
東京 東高円寺 U.F.O CLUB
開場 18:00 / 開演 18:30
adv. 2,000円 / door. 2,500円(共にdrink別)

[出演]
ぼくたちのいるところ。
泯比沙子+ナスカ・カー
工藤ちゃんのピンクローターズ
ビル
狐火
艶街

ぼくたちのいるところ。インストア・ライヴ
ディスクユニオン大阪店
2017年2月5日(日)
19:00〜19:30頃
入場無料

[イベント特典]
無料チェキ
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015