ニュース

テレンス・マリック監督作 映画「ボヤージュ・オブ・タイム」の“日本語版語り”を中谷美紀が担当

2017/02/17 15:18掲載
はてなブックマークに追加
テレンス・マリック監督作 映画「ボヤージュ・オブ・タイム」の“日本語版語り”を中谷美紀が担当
 『天国の日々』や『シン・レッド・ライン』で知られるテレンス・マリック監督が、40年をかけて制作したドキュメンタリー「ボヤージュ・オブ・タイム」が3月10日(金)より東京・日比谷 TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。ブラッド・ピットが製作に携わった本作の“日本語版語り”を中谷美紀が担当しています。

 映画『ツリー・オブ・ライフ』で宇宙と地球の歴史というマクロの視点とテキサスに暮らす一家の物語というミクロの視点とを融合させ、ダイナミックな物語を作り上げたマリック監督。「ボヤージュ・オブ・タイム」では、ビッグバンによる宇宙誕生から人類の歴史、さらにはその未来までを、詩的で美しい映像で描いています。『マトリックス リローデッド』などで知られるダン・グラス率いる視覚効果チームが参加し、ケイト・ブランシェットがナレーションを担当。

 “日本語版語り”を担当する中谷は、声優やドキュメンタリー番組 / 洋画の予告編のナレーション経験はあるものの、洋画作品での全編を通しての語りを担当するのは本作が初。収録にあたり中谷は「テレンス・マリック監督が伝えようとしている一番のメッセージに自分自身がどれだけ共鳴できるかという、与えられた“語り”のセリフが少ない分、その少ないセリフに込める、余白の部分、行間の部分を大切に表現するよう努めました」と語り、作品に対して「科学の裏付けとともに撮影された圧倒的な美しい映像に素晴らしい音楽がのり、本当に何回観ても飽きない作品です。もし時間さえあれば毎日映画館に通って暗がりの中で観ていたいです。是非たくさんの方にご覧いただけたら嬉しいです」とコメントしています。

 また本作のプロデューサーを務めたソフォクレス・タシオリスは、中谷の語りに関して「素晴らしいの一言!テレンス・マリック監督が求めるトーンやテンションに非常にあっていて、収録現場でお願いしたちょっとしたニュアンスの違いなど、非常に繊細な要望にも完璧に答えてくれました。“日本語版語り”を彼女にしてもらえてよかったです」と称賛を寄せています。



「ボヤージュ・オブ・タイム」
2017年3月10日(金)より東京 日比谷 TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー
gaga.ne.jp/voyage

監督: テレンス・マリック
製作: ブラッド・ピット / ジャック・ペラン


配給: ギャガ
©2016 Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved. 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015